ショッピング

ルプルプカラートリートメント成分が凄すぎる理由!

更新日:

ルプルプカラートリートメント成分は、何となく良いものが配合されているけど具体的にどんな効果があるのか知りたい方は多いのではないでしょうか。美容院で白髪染めをすると意外と費用がかかってしまう、でも自分で染めるのは手間がかかって大変、そう悩んでいる方は多いでしょう。

近年では手軽に使えるトリートメントスタイルの白髪染め、ルプルプが大きな注目を集めています。ルプルプは手間なく低コストに染めることができる上、髪にも優しい成分であると評判です。

人気製品ルプルプには、どんな成分が使われているのでしょうか。この記事を読むと、ルプルプカラートリートメント成分の効果や特徴について、その凄さと使い方を詳しく知ることができます。

お金大好きば~す君
ルプルプカラートリートメント成分は、髪の毛にとって優しいものが配合されていることは分かるけど、分かりやすくかみ砕いた解説をしてほしいよね。

ば~す君は、損得にとても敏感な生物で常にメリットがあるかを鋭い嗅覚で嗅ぎつけるライフば~すの住人です。

ルプルプカラートリートメント成分が髪のキューティクルを保護


ルプルプカラートリートメント成分が、髪の毛のキューティクルに優しい理由をご紹介します。髪の毛の表面は、キューティクルというウロコ状の成分で覆われています。このキューティクルのおかげで、私たちの髪の毛の表面のツヤや一本一本のコシが守られているのです。

髪の毛が健康な状態の時は、このキューティクルは層を作って表面に規則正しく並んでいます。このキューティクルが剥がれ落ちてしまったり、乱れた状態となっているのがダメージヘアです。

髪の毛のキューティクルにダメージが発生すると水分を内側に保つことが出来なくなるため、パサパサと乾燥してしまったり、切れ毛や枝毛が生じやすくなります。キューティクルは角質化した成分ですので、基本的にはかたい性質を持っていますが、摩擦等のダメージに対してはさほど強くありません。

キューティクルは髪の毛を強く梳かしたり、シャンプーの際にこすったりしていると徐々に傷んで剥がれ落ちてしまいます。一般的なヘアマニキュアタイプの白髪染めは酸性の性質を持っているため、キューティクルに負担がかかりやすい傾向です。

一方で、ルプルプのカラートリートメントは微アルカリ性ですから、髪の毛への負担を最小限に抑えながら、効果的に染めることが可能となっています。さらにルプルプカラートリートメント成分には、潤いとみずみずしさを与えるフコイダンが配合されています。

フコイダンとは、昆布から抽出される天然の粘り気成分です。乾燥昆布を水にひたすと、表面にぬるぬるとした成分が生じます。この成分は昆布を乾燥やダメージから守る、天然バリアとしての役割を持っています。フコイダンは、優れた保水性と吸着力を持っている成分です。

一般的な水溶性の保湿成分とは異なり、水で洗い流したあとにも吸着し、髪の毛を保護し続けてくれます。ルプルプに使用されているフコイダンは、北海道の函館近海で採取される「カゴメ昆布」を原料としています。

希少なカゴメ昆布から抽出されたフコイダンを低分子と高分子に加工し、独自のオリジナル成分として配合しているのです。低分子化されたフコイダンは、その小ささを活かし毛穴の奥まで浸透することができます。

そして高分子化されたフコイダンは、キューティクルや頭皮の表面に吸着し、外的ダメージに対してバリア機能を発揮してくれるのです。使えば使うほど髪が元気になる、とルプルプが評判になっている理由はこの優れたオリジナル成分の効果にあるといえます。

外的要因から髪と頭皮を守り内側に保水性を与えて保湿する、という2つの効果を同時に与えてくれるルプルプは、画期的な白髪染めアイテムです。髪の毛の傷みが気になっている方でも、安心して愛用できる製品だといえるでしょう。

ルプルプカラートリートメント成分は頭皮刺激が少ないものが選ばれている


続いて、ルプルプカラートリートメント成分には、頭皮への刺激が少ないものが選ばれているご紹介をしていきます。白髪染め製品を選ぶ際には、髪染め効果だけでなく頭皮への影響についてもしっかりとチェックしておく必要があります。

頭皮が乾燥してしまったり、ダメージを受けた状態になると毛髪の成長が妨げられ、切れ毛や薄毛といったトラブルを招きかねません。頭皮を健康な状態に保つためには、なるべく低刺激な製品を選ぶことが大切となります。一般的なヘアカラー製品の場合、酸化染毛剤が用いられていることが少なくありません。

酸化染毛剤は高い髪染め効果を持つ成分ですが、頭皮に接触皮膚炎を引き起こすリスクを持っています。薬液が付着した生え際や耳の後ろ、うなじ等にかゆみや炎症等のトラブルを生じさせてしまうのです。皮膚が薄い方、デリケートな肌質の方の場合酸化染毛剤によって腫れや赤みのあるブツブツが現れてしまうこともあります。

酸化染毛剤によって引き起こされる皮膚トラブルは、一過性のものだけではありません。体質に合わない方が酸化染毛剤を配合したヘアカラーを使い続けると、アレルギー症状を引き起こすこともあるのです。

ルプルプのカラートリートメントは、酸化染毛剤を配合していない白髪染めです。天然植物色素を使用しているため、皮膚トラブルを引き起こすリスクが非常に低いという特徴を持っています。

ルプルプカラートリートメント成分の内、染料としての作用を持つ成分は塩基性染料とHC染料、そして植物染料です。塩基性染料はイオン結合の作用を利用して、毛髪に染料を定着させる成分となります。酸化染毛剤とは異なり、毛髪や頭皮の内部まで浸透することはありません。

HC染料は中性の性質を持つ、低刺激な薬剤です。HC染料の分子はごく小さく、キューティクルの隙間を通り抜けて内部に定着することができます。いずれも低刺激な成分ですが、塩基性染料は色の幅が少なく、HC染料は色持ちが弱いという性質を持っています。

ルプルプは主な2つの成分を組み合わせることによって、色持ち発色という2つの要素を両立させています。ルプルプに使用されている植物染料は、ベニバナ・クチナシや藍の葉から作られた天然の染料です。これらの天然成分が髪表面に吸着し、白髪を綺麗に染め上げます。

ルプルプのカラートリートメントは低刺激にこだわって作られている製品ですので、合成香料も使用していません。ローズマリーやラベンダーなど、天然のオイルを配合して心地よい香りを演出しています。頭皮や髪に刺激とならない、優しい成分を厳選して配合している製品です。



≪ルプルプ通販サイト≫ガゴメ昆布のヘアカラートリートメント

【気になる髪の毛タイトル】

-ショッピング

Copyright© ライフば〜す , 2019 All Rights Reserved.