NHK

NHK受信料の金額は年払いがお得なのか?引き落とし時期は

更新日:

NHK受信料金額年払いだとお得なのか、そして決済方法や引き落としの時期について気になる人も多いと思います。詳しい料金の決済期間や方法を比較して、詳しく説明していきます。この記事を読むと、NHK受信料の金額は年払いが一番お得である理由がわかり、そして引き落とし時期の注意点を理解できます。

お金大好きば~す君
NHK受信料の金額は、年払いがお得なのね。でも具体的に決済期間を年払いにすることで、どれくらいの金額の節約になるのだろう。そして、引き落とし時期についての注意点も教えて欲しいなぁ。

ば~す君は、損得にとても敏感な生物で常にメリットがあるかを鋭い嗅覚で嗅ぎつけるライフば~すの住人です。また、当サイトはNHKを見ているのに受信料を払わない方法を説明していません。

NHK受信料の金額で年払いと他の支払い方法どちらがお得か


NHK受信料の金額は、年払いとその他の支払い方法のどちらがお得なのか気になるポイントです。NHKの受信料を支払う時、できればお得な金額で支払いたいと考えるなら、年払いのほうが断然お得です。家庭の接続状況によって異なりますが、NHK受信料の金額は1ヶ月あたり地上・衛星放送を含めて2,230円程となっています。

そのNHK受信料の金額の支払い方法は、口座払いかクレジットカード、あるいは払い込み用紙を選択することが可能です。また、1ヵ月毎のNHK受信料の金額の支払いは出来ないので、基本的には2ヶ月払い・6ヶ月払い・12ヶ月払いを選択することになります。

1ヵ月・2ヶ月毎の支払いでは通常通りのNHK受信料の金額ですが、6ヶ月払いにすると2ヶ月よりも5%も割引金額となり、12ヶ月一括で支払うと、2ヶ月払いよりも7.61%お得な金額となっている為、割安に支払いたい人には年払いが最適となっています。

このNHK受信料の金額の割引方法は、地上波・衛星放送両方に適用される方法です。そのため、支払い方法としてはかなりお得なやり方といえるでしょう。2ヶ月よりも6ヶ月、6ヶ月よりも12ヶ月のほうがトータル的にはるかにお得な金額でNHKの受信料支払うことができるのは、事実です。たとえば、衛星放送が見られるテレビで2か月分と12か月分を比較すると、2,000円弱の金額の違いが出てきます。

1年間に2,000円違うと、10年後には大きな違いとなるでしょう。まとめてNHK受信料の金額を年払いで支払うことによって、支払いを忘れることなく、支払う金額も割安にできます。他のNHK受信料の支払い方法よりも12ヶ月、つまり年払いで一気に支払ったほうがトータルではお得となります。支払い方法にもよりますが、一番安く効率よく支払えるやり方として、年払いを利用する人が少なくありません。

NHK受信料の金額の年払いでお得な決済は口座振替やクレジットカード


NHK受信料の金額で年払いをする決済方法について、一番お得なものは何か気になるポイントです。NHK受信料の料金を支払う決済方法は、口座振替・クレジットカード・払い込み用紙3種類揃っていますが、どれが一番お得なのでしょうか。基本的に一番損をするNHK受信料の料金の支払い方法として、払い込み用紙が挙げられています。

その損をしてしまうという理由として、地上波だけのNHK受信料の契約でも、12ヶ月払いで口座振替やクレジットカードと比較して555円、また、衛星放送込みの金額でも550円ほど高いからです。払い込み用紙を発行するコストを考えれば、多少割高となることは仕方ないといえますが、それでも550円は大きな差となります。1年間は同じであっても、10年以上同じ支払い方法を続けていると、5,500円以上の差が出てきます。

なお、NTT電話料金とNHK受信料の金額を合算で支払えるサービスもありますが、2か月分の継続振込用紙よりも年間600円お得なだけなので、最高2,000円近く安くなる口座振替やクレジットカードの12ヶ月払いのほうが金額が断然お得です。それ以外の支払い方法として、Yahoo!公金支払いやスマホ決済アプリのPayBで支払う方法もあります。

Yahoo!公金支払いやスマホ決済アプリのPayBで支払う方法は、普段払い込み用紙を利用していた人がクレジットカードで手軽に支払いできる方法です。スマートフォンで手軽に手続きができる、利便性の高さがこの決済方法の特徴といえます。ただし、この方法はNHK受信料の金額の割引が一切ない為、お得な方法とはいえません。

NHK受信料の金額の支払いをするなら口座振替やクレジットカードで、1ヶ月毎月支払って余分なお金を支払うよりも、年払いを活用したほうが金銭面でお得となるでしょう。なお、口座振替は毎月100円振り込み手数料がかかります。クレジットカードのほうが振り込み手数料がかからない為、持っているのであればクレジットカード払いにしてください。

NHKの受信料の金額で年払い時期について


NHK受信料の金額を年払いにした場合、いつ頃引き落とされるのか、時期を知りたいという人は少なくありません。基本的に全ての人が同じ時期にNHK受信料の料金が引き落とされているわけではありませんので、注意してください。例えば、NHK受信料の金額を年払いの支払いを申し込んだ後の、偶数月の26日に引き落とされることになっています。

なお、引き落としされたかどうかは、1ヶ月から2ヶ月後にNHKから引き落とした旨を報告するはがきが届きますので、正確な金額を確認してください。また、注意してほしいこととして、年払いを申し込んだ月が、毎年引き落としのポイントとなる為、必ず毎年預金残高が足りるように通帳をチェックしておいてください。

NHK受信料の金額の決済がクレジットカードの場合、引き落とす月がクレジットカード使用の月とは異なるため、これもまた注意が必要です。もっとも使用したときにはクレジットの場合は明細が発行される為、お金を用意しなければならないとわかります。しかし、口座振替の場合には通帳記帳を頻繁に行うことで、引き落とし金額がたらなければ追加することが可能です。

インターネットで確認できるWEB通帳であれば、わざわざATMに行く必要もありません。なお、NHK受信料の金額が年払いの場合、まとまった金額が1年に1度引き落とされることになります。NHK受信料の地上波契約だけであれば1万3,990円、衛星放送を含むと2万4,770円です。

それだけの金額が残高として毎年残っていれば問題ありませんが、不安を感じる金額であった場合、必ず事前にお金を振り込んでおきましょう。コンビニATMでも入金が可能な時代である以上、定期的に通帳の中を確認し、入金してください。

NHKの受信料の金額を年払いがお得なクレジットカードの具体的な種類


NHKの受信料の金額を年払いにした場合、振り込み手数料を支払うことにならないクレジットカード払いは、結果として最も安い金額で支払えます。更にお得な支払い方法として、ポイント還元率の高いクレジットカードを使うことです。公共料金の支払いにもポイントがつく会社を選ぶことで、支払った時にポイントがついてお得な生活を送りやすくなるでしょう。

還元率が1%から2%つくクレジットカードを使ってNHK受信料の金額の支払いをすれば、1年に大きなポイントをつけられます。クレジットカード会社のポイント還元率や、カードの種類によって還元率を高めることが可能です。特に、誕生月だけポイントを高めに設定しているところであれば、通常よりもはるかに高い還元率でポイントがつきます。

そのため、クレジットカードでNHK受信料の金額を年払いにする場合、その年払いの引き落とし月を誕生月に設定しましょう。誕生月に設定することによって、ポイント還元率が飛躍的になるといわれています。カード会社によってポイント還元率は異なりますが、3%から5%の還元率を誇るところもあります。カード会社の還元率については、契約する前に確認を怠らないようにしましょう。

カードの種類によってはゴールドカード以上ならポイント還元率が高いところもありますし、39歳以下でなければ作れない高い還元率のカードも存在しています。年齢や性別、また作るカード会社によって、より多くのメリットを得られると考える人は少なくありません。カードの種類や希望によって、より効率よく還元率のよいカードを選ぶことができます。

【気になるNHKタイトル】

FODフジテレビオンデマンド無料キャンペーン実施中

-NHK

Copyright© ライフば〜す , 2019 All Rights Reserved.