NHK

NHK受信料の訪問契約を居留守で無視した場合に想定される事

更新日:

NHK受信料訪問員を居留守で無視して場合、どういったことが起きるか気になる人はいないでしょうか。一部の訪問員は、とてもしつこい訪問や常識を逸脱している行為が目に留まります。この記事を読むと、NHK受信料の訪問契約を居留守で無視するとどうなるのかといったことについて理解することができます。

お金大好きば~す君
NHK受信料の訪問契約は、とてもしつこいイメージがあるけどもし居留守や無視をした場合にどうなるのか気になるよね。また、居留守や無視をすると良くない理由も知りたいな。

ば~す君は、損得にとても敏感な生物で常にメリットがあるかを鋭い嗅覚で嗅ぎつけるライフば~すの住人です。また、当サイトはNHKを見ているのに受信料を払わない方法を説明していません。

NHK受信料の訪問契約に居留守で無視をしても大丈夫な家とそうでない家の違い


NHK受信料の訪問員に対して、居留守で無視をしても大丈夫な家と大丈夫でない家にはある違いがあります。NHK受信料の訪問を受けた場合の対処法についてお悩みの方も多いのではないでしょうか。NHK受信料の訪問員が来た時には、居留守で無視をしても構わないなどと思っている人も多いかもしれません。

比較的多くの方が「そもそもNHKなんか見ない」「とにかく払いたくない」などと思っている人が多いのも現実。しかし、テレビが自宅にあればこれらの居留守は違法となります。一方で、テレビなどがなく正当な理由があるのであれば、契約義務がありません。

さて、NHK受信料の訪問徴収に来る人は、当然ながらNHK本部からの委託業務を受けている企業に所属している人であることはいうまでもありません。むろん、仕事としてNHK受信料の訪問契約を締結にくるため、容易に諦めるにはいかないというのが実態です。

NHK受信料の訪問契約を目的として訪れる人は、何とかして一人でも多くの契約締結を目指します。オートロックのマンションや警備システムが備わった居宅も増えているため、NHK受信料の訪問員も決して容易い仕事ではありません。インターホンで呼び出しても、門前払いや居留守や無視で出てこないというケースが大半を占めるのが現実といえます。

NHK受信料の訪問員が来た時に、居留守や無視をしても大丈夫な家とそうでない家との違いはどこにあるのか興味を持つ人もいるでしょう。居留守をしても大丈夫な世帯構成としは、一人暮らしや夫婦のみのオートロック式に住んでいる家系などが挙げられます。NHK受信料の訪問員から訪問を受けても、オートロック式の場合だと居留守や無視していれば、必然的にやがて諦めて帰ることになります。

反対にNHK受信料の訪問員に対して、居留守や無視が困難な家庭とは、一軒家やアパート住まいの小さな子供がいるような世帯です。ベルやサイレンなどが鳴ることで、子供たちは興味津々で玄関を開けようとしてしまいます。また、NHK受信料の訪問者も世帯主による居留守や無視を避けるための工夫にも余念がありません。故意に夜間に訪問するなどして、灯りがついていることを確かめてから居住者を呼びかけます。流石にそうすると居留守を続けるわけにもいかなくなります。

NHK受信料の訪問に居留守を続けると無視された訪問員はどう行動するのか


NHK受信料の訪問時に居留守を続けるという人も多いかもしれません。基本的には、音を立てずに静かに居宅内にいれば、やがては諦めて訪問員も帰ることになるでしょう。無視された訪問員の気持ちなど住人は考える必要はありません。しかしながら、一方で、無視された訪問員にとっては、居留守をされたことに対しては決して快くは思わないはずです。懸命に呼んでいるにもかかわらず、応答しないともなれば、常識を疑いたくもなります。

現代社会では、従前と比較しても居留守がしやすい環境にあるといえるのではないでしょうか。玄関の鍵をかけていない家庭は、極めて少ないといえます。また、核家族化や少子化などから、家族自体の数が少ないことも理由として挙げられます。とりわけ、都心部であれば、隣近所との付き合いや交流は全くないというケースも少なくありません。

NHK受信料の訪問契約を目的に訪れた訪問員は、居留守をされて無視された場合には、何度も訪問することに努めます。時間に余裕があれば、時間帯を変えるなどして再度の訪問に挑戦することも。ポイントとなるのは、同居者がいることで、居留守ができない場合もあることです。例えば、子供がいる場合などは、子供に呼びかけることをきっかけにして、居留守を突破することが可能です。

その後、NHK受信料の訪問員の狙い通りに訪問契約を締結することができるかどうかはわかりませんが、居住者とのコンタクトが叶うことで訪問員としては大きなチャンスが生じることになります。時間帯を変えても居留守や無視されるケースでは、NHK受信料の訪問員が待ち伏せをしてドアが開くのを待つこともあります。

NHK受信料の契約訪問員に居留守を使って無視すると良くない理由


NHK受信料の契約訪問員に居留守を使って無視するこは、基本的に決して良いことではありません。先ず何よりも、NHK受信料の訪問者を居留守を使って無視するという行為自体が、本来であれば良くないことはいうまでないでしょう。正当な理由があろうと何であれ、せっかく自らのもとに出向いてくれた人の思いや手間暇を考えれば、自ずと答えはわかります。

確かに、歓迎されない理不尽なNHK受信料の訪問者がいることも事実です。押し売りや訪問セールス、勧誘などが突然に自宅を訪れるというケースもあり得ます。そのような際には居留守を使うというのも一つの有効手段です。万一、対応してしまうと、執拗に契約や入会などを迫られることにもなりかねません。要らないならば、ハッキリと断ることが重要といえます。

確かに、NHK受信料契約による罰則規定がないものの、契約を交わしている場合にはそのNHK受信料は支払わなければならないものです。また、資金的に余裕がなくて受信料の納付ができないのであれば、それはそれで積極的に相談してみると良いのではないでしょうか。支払の猶予や分納などの依頼をすることも可能です。積極的に申し出ることが大事です。

NHK受信料の契約訪問員に居留守を使ったことがある人は多いかもしれませんが、そのことで、訪問員が余計な時間を割くことになります。時間帯を変更して訪問したり、繰り返し訪問したりなどと想像以上の大きな負担を強いることになります。

また、一軒家などの見通しのよい世帯の場合は、NHK受信料の訪問員に対して居留守や無視を使うことで、近隣からの悪評を受けることにもつながります。何度も契約訪問員が訪れることにより、良くない噂が広まってしまうこともあり得ることです。そのような事態を回避するためにも居留守を使っての無視は避けるべきです。

NHKの受信料の訪問員に居留守を使う場合なら注意すべきこと


NHKの受信料の訪問員に居留守を使う場合には、予め留意しておかなければならない点もあります。自分のことだけ考えた立ち振る舞いや言動は、時として多くの人の迷惑や不利益につながるケースも少なからずあるといえるでしょう。居留守を使っても比較的問題ないとされるのは、オートロック式の住宅かつ自分以外の家族が出払ってしまっている時間帯です。この条件を満たしていると基本的には、誰にも迷惑をかけることなく、NHK受信料の訪問員に対して居留守や無視を続けることが可能です。

正当な理由があって、しつこいNHK受信料の訪問員に対して居留守や無視をばれないようにするためには、夜間時などは電気の灯りが漏れないようにするという工夫も必要となってきます。予め、来訪が予想される日には、電気をつけずに生活するなどの取り組みも必要です。NHK受信料の訪問員として雇用される人は百戦錬磨のベテランが多いことも特徴。

そう簡単にNHK受信料の訪問員を撃退することはできないのも事実です。かと言って下手に対峙してしまうことで、しつこく契約を迫られることになります。「国民の義務」などといって、執拗なまでに契約書面を取り交わそうとします。NHK受信料の訪問員に居留守や無視を使うなら、正当な理由がある場合には下手な罪悪感や良心を持たないこともまた大切です。

あまりにも長時間、玄関のベルを鳴らされることで、NHK受信料の訪問員に対する可哀想などの気持ちを持つことも禁物といえます。一度でもNHK受信料を支払う契約を締結することで、それ以降の受信料支払の約束についても取り交わそうとしてきます。正当な理由があって居留守や無視をすると決めたら、持久戦も覚悟しなければいけません。

下手な情けや温情を見せれば、結果的に自らにとって不利な条件をNHK受信料の訪問員に突き付けられることになります。そういう意味では、一軒家ではなくオートロック式の住宅に住んでいる場合は正当な理由があるならば、居留守や無視をすると決め込んだ以上は徹底的にすることが得策といえます。ただし、根本的にはハッキリとした態度で、断りを入れ続けることが一番良いです。

【気になるNHKタイトル】

FODフジテレビオンデマンド無料キャンペーン実施中

-NHK

Copyright© ライフば〜す , 2019 All Rights Reserved.