NHK

NHK受信料の訪問員への苦情が近年増えてきた原因と理由!

更新日:

NHK受信料訪問員の苦情が、ここ最近増加傾向にある理由をご存知でしょうか。一部の訪問員は世帯主の事を考える自分本位で、忙しい時間に訪問したり、真夜中に押し掛けることもあります。この記事を読むと、NHK受信料の訪問員への苦情が近年増えてきている原因とその理由を知ることが出来ます。

お金大好きば~す君
NHK受信料の訪問に対する苦情って、ここ最近になって増えてきてることをよく聞くけどどうしてなのかなぁ。時代の流れと、現在の社会環境か、NHK受信料の訪問員への苦情も増えてきているのね。

ば~す君は、損得にとても敏感な生物で常にメリットがあるかを鋭い嗅覚で嗅ぎつけるライフば~すの住人です。また、当サイトはNHKを見ているのに受信料を払わない方法を説明していません。

NHK受信料の訪問員が来る時間帯による苦情が増えてきた例


NHK受信料の訪問員への苦情が近年増えてきている理由として、その訪問時間や時期に原因があります。例えば、引っ越しをすると1ヶ月以内にはNHK受信料の訪問員が1度はやってくることが多いようです。NHK受信料の訪問員は世帯主が在宅の時間を狙ってやってきますから、昼間に働いている人の家には夜にやってくることもあります。

常識的な時間なら許容できますが、中には20時~21時さらには真夜中といった比較的遅い時間帯でも堂々とやって来るNHK受信料の訪問員もいて苦情が多くなっています。悪質な訪問販売の人でも、そんな時間には来ませんよね。しかし、NHK受信料の訪問員はやってきます。一般的か世帯であれば20時~21時頃と言えば仕事から帰ってきてへとへとになっている中、夕飯の準備をしていたり、お風呂に入っていたり、家でリラックスしている人もいるでしょう。

そんな時間にチャイムが鳴って、NHK受信料の訪問員の対応しなければいけないとなると億劫になってしまいますよね。また、夜なので家に電気がついていることから在宅していることは知られてしまっているため居留守を使うこともできず、嫌々ながらNHK受信料の訪問員の対応することになります。

昔はそんな20~21時ごろ場合によってま真夜中の時間帯にNHK受信料の訪問員が来るなんてことは少なかったのですが、今現在での社会環境では共働き世帯も増えてそうせざる負えない事情もあるのでしょうが、訪問される側にも不満は募ります。結果、年々NHK受信料の訪問員への苦情が増えてきているという結果につながっています。

夜の時間というのは昼間に働いている人にとって唯一自分の時間を作ることができる時間なことが多いですし、小さいお子さんがいらっしゃる世帯ならせっかく寝てくれたお子さんが起き出してしまうかもしれません。事情を鑑みても選挙活動の時間制限のように何かしらの規制が入っても良いのではないかと思います。訪問されるのが嫌ならば早く受信料契約を結べということなのかもしれませんね。

NHKの受信料契約の訪問員が居座ってくる苦情の例


NHK受信料の訪問員の居座りによる苦情例を知る事で、その対処方法がわかります。突然の来客かと思い、一度玄関のドアを開けると今度は受信料契約をするまでNHKの訪問員がしつこく居座るという苦情事例があります。応対した人が世帯主でない場合や、決済権者が不在で分からないと頑なに断っているにも関わらず、NHK受信料の訪問員がしつこく契約を迫ってくるという苦情です。

特に曖昧な断り方をしていたり、濁した返事をしているくらいではNHK受信料の訪問員は基本的に帰ってくれません。今世帯主が居ないと返事をするものなら、玄関に延々とNHK受信料の訪問員が居座り帰りを待つと言って出ていってくれないなど日常茶飯事のように行われています。それどころか一部のNHK受信料の訪問員でリビングまで堂々と入ってきて居座る強者も中にはいるという苦情例もあります。

玄関のドアを開けなくても家に誰かがいると分かると居留守を使ってやり過ごしたつもりでも、家の人が出てくるまでNHKの訪問員が玄関先に居座っていたり、駐車場で待ち伏せしていたりといった苦情例も聞かれます。もうここまでくると、しつこいという怒りを通り越してNHK受信料の訪問員に対する恐怖を感じてしまいます。

特に気の弱い女性などがこのようなことをNHK受信料の訪問員にされたら、怖くて怖くて仕方がないでしょう。庭に出たり、買い物にもおちおち出かけられません。これはもう常識非常識の範疇を超えていて、何かしらの犯罪レベルにも関わらず一部のNHK受信料の訪問員の苦情例は頻繁に発覚しており、その数は減っているようには感じられません。

このような居座りに対して、声を大にしてNHK受信料の訪問員へ苦情を言えない人も沢山いるでしょう。家を知られているわけですから、NHK受信料の訪問員に逆恨みされたら怖いと思う人もいるでしょう。

しかし、居座りは立派な犯罪行為ですから、帰ってくれと言っているのにNHK受信料の訪問員が居座っている場合などは、必要に応じて警察の力を借りましょう。眼の前の人が怖くて通報には中々踏み切れないかもしれませんが、少し勇気を出して警察を頼りましょう。また、堂々と苦情の電話もしましょう。

NHK受信料の訪問員がチャイムを鳴らして自ら名乗らない苦情の例


NHK受信料の訪問員の苦情例として、チャイムを鳴らして自分の身分を偽ることで世帯主にドアを開けさせるというものがあります。一部のNHK受信料の訪問員は何とかして玄関のドアを開けさせようとして、耳を疑うほどの工夫をしています。ドアさえ開けさせさえすれば、NHK受信料の訪問員は契約までこぎつける確率がぐんと上がるからです。

その為チャイムを鳴らして「こんにちはー(こんばんはー)」とだけ言って、後は何も言わないでドアを開けさせようとするNHK受信料の訪問員もいます。引っ越してきたばかりの人などはこの手口にハマってしまう人もいるようです。特に地方だと、その傾向は高いようです。チャイム越しに「こんにちはー」と言われたら「はーい」と応対してしまう人が多いのも事実なのです。

特にカメラのついていないチャイムだと、誰だろうと思って思わずドアを開けてしまう人が増える傾向にあります。引っ越してきたばかりだとご近所さんかもしれないし、居留守を使ってバレてしまってご近所の評判が悪くなってしまったらどうしようと考えてしまう人もいます。そういう人の心理を巧妙についてNHKの受信料訪問員はやってきます。

本来自分の身分を名乗らないのはビジネスマンとしては、非常識ですよね。また中には「水道局です」と偽って訪問してくるNHK受信料の集金人もいます。しかし、これらの常識、非常識という枠で彼らを捉える事自体がナンセンスなので、一部の悪質なNHK受信料の訪問員に常識を求めることは諦めた方が吉でしょう。そういう非常識は、しっかりと苦情を出しましょう。

このご時世ですから、ドアにカメラがついてなくて、誰が来たかも分からないということもあるかもしれませんが、ドアを開ける前にのぞき穴で確認する、「どちら様ですか?」と聞いてしっかりと名乗る人に対してしかドアを開けないといった対策をしてもしすぎることはありません。NHK受信料の訪問員のしつこい訪問に対する対策だけでなく、防犯面からも大事なことですね。

NHK受信料の訪問員が契約内容を偽る苦情の例


NHK受信料の訪問員が契約内容を偽るという、苦情の例もあります。まず、NHKの受信料契約体系には、大きく分けて3つの種類があるのをご存知でしょうか。そのNHK受信料の内訳は衛星契約地上契約、そして特別契約の3つです。NHK受信料の訪問員がこういった契約の違いに関しての説明をほとんどせずに高い契約を結ばされ、それが後日発覚して苦情になっているという事例があります。

この3つのNHK受信料中で一番高いプラン内容は、衛星契約です。このNHK受信料の衛星契約は、BS衛星放送と地上波放送を両方見られる契約内容となります。次にNHK受信料の地上契約で、こちらは地上波放送だけを見ることができる契約内容。そして、最後のNHK受信料の特別契約は一番安くBS衛星放送だけを見ることができる契約内容となります。

NHKの受信料契約に関しては、契約者側のプランの選択肢がなく、自宅の受信環境に依存します。NHKのBS衛星放送と地上波の両方を受信可能であればその受信料契約は衛星契約、そして地上波のみが受信可能であれば地上契約となります。また、山間部など特定の地域でNHKの地上波が受信できずBS衛星放送のみが受信できるのであれば、NHK受信料において特別契約となります。

本来ならば、しっかりと説明の上でNHK受信料契約を結ぶ必要があるのですが、一部のNHK受信料の訪問員によってはほとんどこれらの詳しい説明をせずに一方的な衛星契約を結ばせるという苦情事例が多々聞かれます。機械に弱い人やお年寄りなどは、そのNHK受信料契約の義務の違いが分からず、訪問員に言われたからとそのまま契約してしまう人もいるでしょう。

しかし、そういった説明不足により本来なら地上契約で良かったものを受信料の高い衛星契約を結ばされ、その結果必要のない受信料を何年も払い続けているということが後になって発覚する事例もあるのです。もしかしたら、あなたもその被害者かもしれません。一度ご自身や親世帯のNHK受信料の契約内容や、受信状況を確認し、適切な契約がなされているかどうかチェックしてみてください。知らないうちに被害者になっている可能性がありますよ。

【気になるNHKタイトル】

FODフジテレビオンデマンド無料キャンペーン実施中

-NHK

Copyright© ライフば〜す , 2019 All Rights Reserved.