NHK

NHK受信料の金額で家族割引が適応される場合の条件

更新日:

NHK受信料金額は、家族割引が適応されると半額になるがその条件についてご存知でしょうか。例えば、実家を離れている学生などはNHKの定める条件をクリアするとその受信料の金額が家族割引で割安になります。この記事を読むと、どういった条件を満たしていればNHK受信料の金額を半額免除にすることが可能なのかがわかります。

お金大好きば~す君
NHKの受信料の金額は、学生や我が子にとって負担が大きいものとなります。しかし、予めNHK受信料の金額の家族割引を活用することでその負担を軽減させてあげれるんだね。

ば~す君は、損得にとても敏感な生物で常にメリットがあるかを鋭い嗅覚で嗅ぎつけるライフば~すの住人です。また、当サイトはNHKを見ているのに受信料を払わない方法を説明していません。

NHKの受信料の金額で家族割引の詳細


NHK受信料金額の家族割引とは、具体的に単身赴任や一人暮らしをしている学生など家族のもとを離れて暮らしている人が利用できる割引サービスです。家族割引を申請するとNHK受信料の金額が半額となります。

NHK受信料の金額の支払い方法には2ヶ月単位、6ヶ月単位、12ヶ月単位とありますが、いずれの支払い方法に対してもその家族割引を適用することができ、さらに地上契約だけでなく衛星契約のタイプに対しても適用が可能です。

NHK受信料の金額に家族割引を利用すると、年間トータルで6,000円近くまで支払う金額を減らすことができます。しかし、NHK受信料の金額の家族割引がおこなわれるのは口座振替やクレジットカードの支払いに対してであり、集金での支払いに対しては家族割引を適用することができません。

家族割引は基本的には一人暮らしをしている学生や単身赴任をしている家族に対して適用されるサービスなのですが、別荘や別宅の場合でも利用できるので、それらを所有していた場合は忘れずに申請するようにしましょう。

また、NHK受信料の家族割引は3世帯までしか申請できないなどといった具合に利用できる世帯に上限は無く、条件を満たせばどんな人でも利用することができます。

ただし、単身赴任の任期が終わって家に戻ってきたり、学校を卒業し一人暮らしをしている部屋を引き払ったりした場合は、家族割引が適用できなくなるので、できるだけ速やかに解約の手続きを取るようにしてください。

なおNHK受信料の金額が半額になるのは単身赴任や一人暮らしをしているところの受信料であり、家族が住んでいる方の受信料は変わらないことには注意しましょう。

NHKの受信料の金額が家族割引の対象となる場合とならない場合の条件


NHK受信料の金額において家族割引を利用するにはいくつかの条件をクリアしなければいけません。まずは「家族のもとを離れて、他の場所で生活をしている人がいる」ということです。

一人暮らしや単身赴任など、家族のいる場所から離れて生活をしていて、そちらでNHK受信料の金額を支払う必要がある場合は家族割引を適用することができます。なお、テレビがないなどNHKの受信料の金額そのものを支払う必要がない場合は適用することができません。

2つ目の条件は「家族のいる割引元の家庭で、受信料の金額をきちんと支払っている」ということです。基本的に6期間以上に渡ってNHKの受信料を支払っていないと単身赴任先などで家族割引を適用することができません。

もしもNHK受信料の金額を支払っていない期間があった場合は、滞納分の金額をすぐに支払い、6期以上は継続してNHKへその金額の支払いをしなければいけません。今度は家族割引が適用されない条件についてです。その条件の1つが「NHKの受信料の支払いを別にしている場合」です。

一人暮らしをしているお子さんが就職して、自分の口座からNHKの受信料を支払うことになった場合は、家族割引を適用することができなくなります。

2つ目は「留年や大学院に進学した場合」です。大学から大学院に進学した場合は、申請したときの環境から変化が発生したとみなされ、家族割引の契約が一旦解除されます。

ただし契約が解除されるだけであり家族割引が認められないわけではないので、再度申請をすれば支払う金額を減らすことできるので、留年や大学院に進学した場合は忘れずにおこなうようにしてください。

自分がNHKの受信料金額で家族割引を受けられる場合の手続きの手順


NHK受信料の金額における家族割引は、条件を満たせば自然に利用できるものではなく、こちら側が自発的に申請をしなければいけません。最初に行う手順は「家族割引をする申込書の入手」です。

NHK側に直接電話をしてその申込書を取り寄せたり、NHKのホームページから直接ダウンロードしたりすれば入手することができます。NHK以外では大学生協に申込用紙自体がおいてあったりする場合や、賃貸契約をするときに不動産屋に相談すると代わりに取り寄せてくれたりすることがあるで、そちらを利用するのも良いでしょう。

NHK受信料の家族割引に関する申込書を取り寄せたら、今度は「必要事項の記入」をおこないます。このときに支払い元の口座を家族が支払いに使用している口座にしたり、受信料の支払いに使用しているクレジットカードの情報を記入するようにしてください。

続いて行うことは「必要書類を準備」です。こちらは支払い方法や金額を割引する人の状況によって書類が異なります。口座振替を利用する場合は、口座振替利用申込書を入手して家族割引の申込書と一緒に提出をします。

これに対して、クレジットカードによる支払いの場合はクレジットカード継続払利用申込書を用意しなければいけません。さらに学生の場合は学生証のコピー、単身赴任者の場合は健康保険証または社員証の写しが必要となりますので、気をつけてください。

必要書類をすべて用意することができれば、後はNHK側へ書類の郵送すれば受信料金額の家族割引の手順が完了となります。NHK側に必要書類が届いた月から受信料金額の家族割引が適用されるので、月末に申請した場合は翌月から適用がなされ、その月は割引されないということがあるので注意しましょう。

【気になるNHKタイトル】

FODフジテレビオンデマンド無料キャンペーン実施中

-NHK

Copyright© ライフば〜す , 2019 All Rights Reserved.