NHK

NHK受信料の金額でBS衛星放送とはどういったものか

更新日:

NHK受信料金額で、BS衛星放送とはどいうったものなのかその違いは何だろうと思ったことはないでしょうか。NHKの受信料のプランには、複数のタイプがあるので混乱してしまいがちです。この記事を読むと、NHKの受信料の金額がBS衛星放送とその他の放送プランでどう違うのかを理解できるようになります。

お金大好きば~す君
NHK受信料の金額について、BS衛星放送がちょっと負担になるという人も多いよね。自宅のテレビで衛星放送のBSを全く見ないのにその金額を支払うのはツラたんという人も必ずセットで契約する必要がないんだね。

ば~す君は、損得にとても敏感な生物で常にメリットがあるかを鋭い嗅覚で嗅ぎつけるライフば~すの住人です。また、当サイトはNHKを見ているのに受信料を払わない方法を説明していません。

NHK受信料の金額でBS衛星放送単体の料金


NHKの受信料の金額。これらを払わなくてはいけないのは十分に分かっているものの、いざ加入しようと思うとNHK受信料契約について良く知らなかったり、契約によって金額が違うことを初めて知ったという方も多いのではないでしょうか。

NHKの受信料契約体系には、大きく分けて3種類あります。そのNHK受信料契約の内容として衛星契約(地上契約を含む)、地上契約、特別契約の3タイプです。NHKの衛星契約(地上契約を含む)とは、BS衛星放送のテレビ番組を視聴することができる場合にする契約です。

そのNHKの契約には、地上放送の契約も含むので衛星契約をすると地上放送も視聴することができます。次にNHKの地上契約は、地上放送のみを視聴することができる場合にする契約です。

そして、最後にNHKの特別契約とは自然の地形でNHKの地上電波が入りにくい地域や、電車などでBS衛星放送のみを受信できる場合にする限定的な条件のある契約です。NHK受信料の特別契約に関しては、契約できる人が非常に限られています。

NHK受信料の料金の金額は割引などを考慮しなければBS衛星契約が月々2,170円ほど、そして地上契約が月々1,225円ほど、さらに特別契約が月々955円ほどとなっています。ここで疑問となるのは、NHKのテレビ番組でBS衛星放送は見るけれど、まったく地上放送は見ない人の場合です。

NHKの特別契約は確かにBS衛星放送単体の契約ではありますが、契約できる人が限られているので大抵の人は、衛星契約(地上契約を含む)もしくは地上契約のどちらかを契約することになります。

つまり、どちらにも地上放送は含まれてくるのです。BS衛星放送単体でのNHK受信料契約というものは、ほぼ存在しないということになります。あえて言うのであれば衛星契約から地上契約の金額を引いた945円がBS衛星放送単体の料金と言うことができます。

NHK受信料の金額は地上契約とBS衛星放送に分かれている理由


NHKの受信料契約の金額が地上契約と衛星契約に分かれている理由は、BS衛星放送を見ることができる機器(BS入力端子があるテレビ、BSアンテナ等)を持っていない世帯が多くあるからというのは主な理由です。

誰であっても絶対に見ることさえできない放送に対してはその金額の料金を払いたくないですよね。ですから、公平性を保つためにも地上契約は分かれています。逆に、衛星放送を見ることができるテレビには地上放送を見る機能が備わっているので、衛星契約には地上契約も含んだ契約となっています。

NHK受信料の特別契約に関しては今回は考えないことにしましょう。ここで契約を結ぶ時に実際にどの契約になるのかで大事なのは「見る」「見ない」ではなく「見ることができる」「見ることができない」ということがその契約の基準となることです。

NHK受信料の契約する世帯が実際に「見る」「見ない」という実態はそもそも関係ありません。あなたがどんなにテレビを見ない人で、過去数年に渡りテレビの電源を入れたことがなかったとしても、テレビがそこにあるのであればそれはテレビを見ることが可能ですのでNHKの受信料の金額をしっかりと払わなければなりません。

また、NHK受信料のBS衛星放送をどうやって見たら良いのか分からず、いつも地上放送しか見ないお年寄り世帯でさえも、BS衛星放送をテレビのアンテナが受信していて、見ることができるのであれば倍くらいする衛星契約をしなければいけません。

あなたが絶対にBS衛星放送しか見ないと言い張っても、自宅にテレビがあって地上放送の電波を受信できることから、地上契約を含む契約である衛星契約を結ばなければいけません。

NHKの受信料の金額はBS衛星放送契約もセットする必要は必ずしもあるのか


NHK受信料の金額は、BS衛星放送とセットにすると料金が高くなりがちですが必ずしも契約する必要がありません。さて、MHK受信料のBS衛星契約は、月々2,170円と年間トータルで安くはない金額です。

また、少々安くなるNHK受信料の決済方法のクレジットカードもしくは口座振替で1年分前払いしたとしても、2万4,090円(月々2,007.5円)ですので高いと感じる人は多いでしょう。

テレビにかじりついて1日中NHKのテレビ番組を見ているのであれば安いくらいですが、たまにしか見ない人にとっては無駄な金額に感じてしまいますよね。NHK受信料の金額は、何もしなくても継続的に払わなくてはいけない固定費ですから削れるものであれば削っておきたいと感じてしまう費用です。

しかし、ここで一部の人にとってはNHK受信料に関する朗報があります。それは、NHKのBS衛星放送を見ることができない人が思ったよりも多くいるという事実があるということです。

つまり、NHKのBS衛星放送を物理的に見ることができないのであれば当然衛星契約ではなく地上契約となり、月々の金額が1225円ほどとなります。今現在すでにNHKと受信料契約している人も、これから受信料の契約しようとしている人も一度チェックをしてみてください。

あなたのお家のテレビは、BS衛星放送を受信することができるでしょうか。BS衛星放送が見られる条件としては、1:BS受信アンテナが立っている(ケーブルテレビなどを含む)2:BS入力端子がテレビにあるという2点のポイントです。

つまり、あなたの家にBSアンテナが立っていない、もしくはBS入力端子がない(もしくは物理的に破損している)のであればBS衛星放送を見ることができませんので地上契約となります。

契約をする際には是非確認をしてみてください。また、すでに衛星契約をしている人も節約のチャンスですので今一度契約形態の確認と受信機器の確認をしてみましょう。

【気になるNHKタイトル】

FODフジテレビオンデマンド無料キャンペーン実施中

-NHK

Copyright© ライフば〜す , 2019 All Rights Reserved.