NHK

NHKの受信料金額は衛星解約をするとどれほど節約できるのか

更新日:

NHK受信料金額は、衛星解約をすることで安くすることが可能です。NHKとの契約をするときには、衛星放送を見るつもりがなくてもセット販売で契約をさせられてしまう場合もあり、BSは見ないのにその金額を払っている人もいます。この記事を読むと、NHK受信料の金額は衛星解約をすると安くなるという内容と解約の難易度と手順がわかります。

お金大好きば~す君
NHK受信料の金額は、BS衛星解約をすると安くなるけどそもそも解約ができないと言われることって多いよね。でも、ある条件を満たすことによってBS衛星解約をすることが可能なのね。

ば~す君は、損得にとても敏感な生物で常にメリットがあるかを鋭い嗅覚で嗅ぎつけるライフば~すの住人です。また、当サイトはNHKを見ているのに受信料を払わない方法を説明していません。

NHKの受信料金額は衛星解約をすることのメリットと節約効果


NHK受信料の金額は、BS衛星解約をすることで安くすることができます。NHK受信料の金額は、特別的な物を除いて大きく2種類に分かれます。地上デジタル放送のみを受信する場合は月額1,275円ですし、衛星放送も受信するなら2,220円を支払わなければなりません。

このNHK受信料の金額の差額は一月あたり945円ですが、一年単位で考えると1万1,340円もの金額になります。このくらいならNHKのBS衛星放送の受信料を支払ってもあまり負担を感じないかも知れません。

しかし、こららのNHK受信料の金額について生涯の負担を考えるとこれは少々の金額ではないかも知れません。単純にNHK受信料のこの金額を60年間払い続けるとしたら、1万1,340円×60=68万400円にもなります。

もちろん途中でNHK受信料の金額改正があるかも知れませんので、実際にはもっと大きな金額になる可能性も小さくなる可能性もあるのです。そこで、自分自身の生活を見直してみましょう。

NHK受信料のBS衛星放送を契約していても、どのくらい視聴しているでしょうか。忙しい生活の中で一体いくつの番組を見る時間があるのでしょう。もし衛星放送をあまり見ていないとしたら、この受信料の金額は無駄になっているのではないでしょうか。

では、思い切ってNHKのBS衛生解約をするという道も考えるべきかも知れません。毎月、NHK受信料の金額について考えることもなくただ惰性でそのまま支払っているとしたらもったいない話です。

もちろん家にテレビなどの受信機を置かなければ、NHKの受信料の金額を丸々支払わないで済みますが、よほどの決意が無い限りテレビを処分するというこの決断は難しいかもしれません。それならば、一番手っ取り早いNHK受信料のBS衛星解約によって、その金額分の家計費の節約を図ることを考慮してみましょう。

NHK受信料の金額で衛星解約をするための難易度


NHKの受信料のうちBS衛星解約して金額負担を減らすことは、むずかしいのでしょうか。実はNHKを受信する目的ではない受信設備の設置にはNHKとの契約義務はありません。しかしながら、一旦NHK受信料の契約してしまったら、BS衛星契約を解約したいと申しでてもNHKは解約に応じてくれません。

最初にNHKの衛星契約を締結した時、あまり知識もなく安易に契約してしまったと言う人がいるでしょうが、この場合には解約するための難易度はかなり高いといえます。NHKのBS衛星解約をするには、次の二点を考慮に入れておく必要があります。

まず、第一にBS衛星解約するに当たる事実を視聴者側がNHK側へ証明しなければなりません。そして、第二にNHK側がBS衛星解約に応じると認めることです。通常ならば、サービスを受けている側は、自由に解約することが出来ます。

例えば、電気料金やガス水道料金などの公共料金は、契約者が申し出るだけで、サービスを停止、あるいは解約をすることが出来ます。しかしながら、NHKの受信契約にこの考えは全く適用されません。

放送受信規約第9条1項、2項、3項には、放送受信契約の解約について規定が記されています。その放送受信法の内容によれば、受信料解約するかどうかは受信者側の意思ではなく、NHK側が解約を認めるか認めないかを判断するのです。

最初にNHKの受信契約を結んだとき、自らの意志でその契約したのですから、たとえ裁判に訴えてもこちら側に勝ち目はないのです。受信料契約時、NHK側に重大な違法行為があったと証明されない限り、この事態は変わりません。

これほどNHKの受信料を解約する事はハードルが高いのですから、キチンと準備し手順を踏んで受信の金額を減らすための解約交渉に望む必要があるのです。

NHKの受信料金額で衛星解約をクリアするための条件と手順


NHKの受信料のうち衛生解約して家計の金額負担を減らすためには、どうすればよいのでしょうか。NHK受信料のBS衛星放送が受信出来る環境にあるならば、解約は出来ません。

もちろん自分はテレビを視聴していようがいまいがそれは全く関係ないのです。例え分波器のBS側のケーブルを切断しても応じてもらえません。なぜなら、地上波のケーブルに差し替えれば見ることが出来るからです。

ではどうすればよいかと言うと、自宅からBSアンテナを完全に撤去することです。BSアンテナが自宅のどこにもなければ、そもそもNHKのBS衛星放送が視聴できませんので、その旨をNHKに連絡すれば局員が確認に訪れるようになります。

そこで、NHKの関係者にアンテナがないことが確認させること出来れば、契約を解除してくれます。しかしながら、テレビのアンテナを撤去するのも専門業者に依頼しなければならないので金額も掛かりますから、それをかけずにNHK側にBS衛星放送の解約を認めてもらうにはどうすれば良いのでしょうか。

それは、アンテナを電波を受信出来ない、あるいは受信出来にくい方向に向ける方法です。これならば、視聴者が自分自身で出来ますし、NHKの局員も納得して衛星解約してくれるでしょう。

NHKとの受信料契約の締結は簡単ですが、その反対の受信料解約はとても難しいです。しかし、全く解約の方法がないのではなく様々な方法があるのですから決してあきらめずその方法を探す方が賢明です。

そのNHK受信料の解約ができるケースによって対処の仕方もかわるかもしれませんので、まず自分に適した方法を探しましょう。もちろん、テレビを撤去するのが一番手っ取り早いですが、それが困難な場合は手順を踏んで解約へと結びつけていきましょう。

また、NHKと受信料契約を締結するときにはまず一息置いて考えることも大切と言えます。NHKのBS衛星解約をするためには、衛星放送がまったく見れない状態にすることが解約が可能になります。見ない見るではなく、衛星放送が見れないという環境が大切です。

【気になるNHKタイトル】

FODフジテレビオンデマンド無料キャンペーン実施中

-NHK

Copyright© ライフば〜す , 2019 All Rights Reserved.