NHK

NHK受信料の契約で訪問時間の規定が衝撃すぎた!

更新日:

NHK受信料契約の集金人は、訪問時間規定をどのように考えているのだろうと疑問に思ったことはないでしょうか。例えば、どこかの自宅訪問営業が真夜中に来たり、早朝に来たりということはあまりありません。

しかし、NHKの受信料集金人は訪問時間を問わずに真夜中であろうと早朝であろうと自宅へいきなり訪れてくることがあります。この記事を読むと、どうしてNHK受信料の契約などで集金人が訪問時間を問わずに訪れて来るのかという理由と、規定について詳しく理解できます。

お金大好きば~す君
NHKの受信料問題で、訪問時間をまったく考慮しない集金人が来るときってありますよね。一般的な営業訪問では考えられない時間帯にどうして来るのか、その理由を教えて欲しいなぁ。

ば~す君は、損得にとても敏感な生物で常にメリットがあるかを鋭い嗅覚で嗅ぎつけるライフば~すの住人です。また、当サイトはNHKを見ているのに受信料を払わない方法を説明していません。

NHK受信料の集金人は訪問時間の規定がない理由


NHK受信労の集金人は、訪問時間の規定がないという驚愕の事実があることをご存知でしょうか。今現在の社会では、進学や就職のため、実家を出て一人暮らしをするという方も多いと思います。例えば新たにアパートなどへ引っ越し、慣れない地で毎日毎日勉強や仕事に勤しんでいる頃に、ひょんとNHK受信料の集金スタッフが突然、しかもあろうことか真夜中の夜遅くにインターホンを鳴らして現れるといったことはよくある話です。

ましてや一人暮らしのみなさん、特に女性の方はその訪問時間の規定がないNHK受信料の集金人の真夜中の訪問に不安を感じたり、恐怖すら抱いてしまうのではないでしょうか。中にはNHK受信料の集金人に対して、「こんな時間に集金にやって来たりなんかして非常識だ!」などと思うかもしれません。しかしながら、NHKの受信料契約を求めて自宅へ来る際、その訪問時間についての規定というものは、実際のところ存在しないというのが現状です。

そもそも法律上では、NHKの受信契約の訪問は24時間いつでも可能ということになっています。NHKの受信料契約は「義務」ということになっており、一般的ないわゆる「営業活動」「勧誘」という位置付けではありません。例えば、セールス営業の訪問などは、基本的な解釈として「義務」のためではなく「勧誘」のためのものです。

特定商取引法によると、セールスなどの訪問販売では午後9時頃から午前8時までの訪問営業は違法であり、違反した場合には罰金の対象にもなることがあります。つまり、訪問販売の勧誘活動では訪問時間に規定がしっかりとあるということになります。では、これに対してNHKによる受信料契約の訪問はどうなるのでしょうか。

NHK受信料の集金人の場合、その訪問は「契約督励」と呼ばれており、特定商取引法からも除外されている訪問活動になります。NHK受信料の集金人の訪問は、一般の勧誘とは違うため、法律上24時間いつでも訪問可能ということになります。そのため、真夜中など、一般常識では考えられない程のかなり遅い時間にNHK受信料の集金人スタッフが自宅へ訪問に来るというケースが発生するのです。

どうしてMHK受信料の契約に訪問時間問わず夜遅くでも来るのか


普通の訪問販売などの勧誘とは違って、NHKの受信料契約のための訪問時間には規定がなく、そのため法律上ではNHKの集金スタッフはいつでも訪問することが可能です。とはいえ、NHKの受信料契約のためにわざわざ訪問時間を夜遅くを選んで集金人が自宅へ来られるのは、とても迷惑だと感じてしまうこともあるかもしれません。

せっかく学校や仕事が終わり、帰宅してひと段落ついているところに、いきなりインターホンが鳴らされたり、時にはNHK受信料の集金人からドアを必要以上に「ドンドン」と叩かれたりするとさすがに非常識なのではないかなどと思ってしまいます。では、NHK受信料契約のために集金スタッフが夜遅くにまで訪問時間を問わずにやって来るは、いったいどうしてなのでしょうか。

そのポイントとしてまず挙げられるのが、NHK受信料の集金スタッフは完全歩合制で働いているという人が多いということです。普通のアルバイトなどであれば、時給や日給など、一定の時間働けばその分だけ決められた固定給を得ることができます。これに対して、歩合制で働いているNHK受信料の集金人は、自身の営業成績などに応じて給料が変動するため、成績をあげようと必死に努力しなければなりません。

NHK受信料の集金スタッフの場合は、営業成績はどれだけの人と受信料の契約ができたかになります。その日のノルマを達成するために、一日にたくさんの家を訪問して周り、そのために訪問時間が遅くなってしまうことがあるということです。また、日中に学校に行ったり働いたりする人が多いということも理由の一つです。夜ならば在宅している人が多いだろうと考えて、わざわざ夜遅くの時間を狙って訪問に来るスタッフもいるということでしょう。

NHK受信料の契約は訪問先によって変わる理由


NHKの集金スタッフが受信料契約のために突然自宅へ訪問してきた際、「NHKは見ないので受信料の契約はしません。支払いもしません。」と言えばNHKの受信料を支払わずに済むかというと、残念ながらそういうわけにはいきません。NHKの活動の維持のために全員でお金を負担するために、各人と受信料の契約がなされる必要があるのです。

それでは、本当に全員が全員、NHKの受信料を払わなければならないのでしょうか。実際は、受信料の契約は、その訪問先によって様子が異なってきます。NHKの受信料を契約する必要性のある世帯というのは、NHKのテレビ放送の電波を受け取ることのできる「受信機器」が置いてある家です。この受信機とは、テレビを見るために、その放送電波を受信できるような機器のことを指します。

つまり、もしNHK受信料の集金人による訪問を受けても、そこにそもそも受信機がなかったり、テレビは置いてあってもその受信機能そのものが壊れているような状態である家であれば、NHKの受信料を払わなくても電波を受診できないので良いということになります。しかし、ここで注意したいのは、受信できる状態であればNHKの受信料契約をかわさなければならない、という点です。

テレビゲームはするが自宅でテレビの放送は全く見ない、ということであっても、受信できる状態には変わりがないのでNHKの受信料を払う必要があります。また、NHK受信料の訪問時間については規定がないものの、真夜中などのあまり夜遅くになって家を訪問しないようにと集金スタッフが言われている地域も一部ではあるようです。

そのような地域であれば、夜遅くに受信料契約の訪問が来て恐怖を感じるということがないので安心です。さらに、訪問先によっては、日中に在宅していることが多いと確認されている家は夜ではなく昼間にNHK受信料の集金人から訪問されることが多いです。

NHKの受信料契約は訪問時間以外に天候も左右する


基本的にNHKの受信料契約の際、集金のスタッフは訪問先の在宅時間を把握してから、その時間を狙ってやって来る場合が多いのですが、訪問には天候によっても左右されることがあります。そもそも、NHKの集金スタッフは天候が非常に悪い場合でも受信料契約のために家を訪問にくるものなのでしょうか。もちろん、NHK受信料の集金スタッフは、雨が降っていようと風が降っていようとそれとは関係なしに受信料の契約を求めにやって来ます。

雨の日などに、インターホンがなる音がしたので玄関のドアの小窓を覗いて見ると、そこにはずぶ濡れの雨合羽を頭までかぶったNHK受信料の集金人が立っていて驚いた、といった経験をしたことのある方も多いと思います。では、実際にそのような悪天候が受信料契約にいったいどのように影響してくるのでしょうか。

例えば、台風が直撃した日には、電車が止まったりしてアルバイトや学校に行けなくなる人が多いです。また、お出かけを予定していた人は、台風のせいでそのお出かけが中止になり、仕方なく自宅にこもって過ごすことになるでしょう。NHKの受信料集金スタッフは、そのように悪天候の影響で在宅しているのをピンポイントで狙って自宅へ訪問に来ることがあります。

いつもであれば、日中に学校や仕事などで家を留守にしている人に対しては夜の時間帯にNHK受信料の集金人が訪問することが多くても、大雨や暴風などの悪天候であれば、日中でも在宅している可能性が高いため、それを見越してわざわざ訪問時間を変更して悪天候の中訪問にくるスタッフもいるということです。このように、NHKの受信料契約は、天候によっても影響されることがあるのです。

【気になるNHKタイトル】

FODフジテレビオンデマンド無料キャンペーン実施中

-NHK

Copyright© ライフば〜す , 2019 All Rights Reserved.