NHK

NHK受信料の免除に母子家庭割引はあるけどその条件が厳しい

更新日:

NHK受信料免除に、母子家庭の割引があるけれどその詳しい条件がわかりにくいといったことはないでしょうか。基本的には、NHKの受信料の免除項目にただ単に母子家庭であることによる割引は存在しません。しかし、母子家庭であってある特定のNHKが定める条件を満たせば、受信料の免除を受けることが可能です。この記事を読むと、NHK受信料の免除を母子家庭が受けるための条件が具体的にわかります。

お金大好きば~す君
NHK受信料の免除を母子家庭が受けることができる割合って、けっこう少ない気がするんだけれどそれにはどういった理由があるのかなぁ。NHKが定めている受信料の免除条件が厳しいという事を聞くけど、具体的な内容を教えて欲しいなぁ。

ば~す君は、損得にとても敏感な生物で常にメリットがあるかを鋭い嗅覚で嗅ぎつけるライフば~すの住人です。また、当サイトはNHKを見ているのに受信料を払わない方法を説明していません。

NHK受信料の免除を母子家庭が受けられるとどんなメリットがあるのか


NHK受信料の免除を母子家庭が受けられるには、どのような基準やメリットがあるのでしょうか。家庭内でテレビなどの電波を受信できる機器設備を持っているのならば、NHKと受信契約をしなければならないということが法律によって決められています。

これは放送法32条1項における協会(NHK)の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならないという文言が根拠です。この受信契約に基づいて、支払うべき責務が民事上で生じているのがNHKの受信料の支払いとなっています。どれだけのNHK受信料を支払うべきかは、どのような契約内容を行っているかによってそれぞれ異なります。

NHK受信料の契約内容は主に3つに分かれており、1つ目が地上放送のみを受信できるテレビを保有している場合になされる地上契約で、2つ目が衛星放送を受信することができるテレビを保有している場合になされる契約でBS地上契約も含む衛星契約です。そして、3つ目は自然の地形などの条件によってNHK視聴が難しい地域や電車内などで衛星放送を受信することができるように場合の特別契約です。

最も高いNHK受信料の衛星契約では、12か月の支払いで2万4,770円の支払いをしなければならず、場合によっては家計にとって大きな負担となりかねません。また、すべての母子家庭が当てはまるわけではありませんが、現状として母子家庭の多くが生活に困窮していることが多いです。NHK受信料の支払いが負担となっていることも多いでしょう。

NHKの受信料の支払いには、様々な免除の条件が存在しています。母子家庭がNHK受信料支払いの免除対象となっているのならば、最大で1年2万4,770円が免除され、家計にとって大きなメリットとなることは確かです。

NHKの受信料の免除を母子家庭が受ける場合の条件について


NHK受信料の免除を母子家庭が受ける場合には、どのような条件を満たす必要があるのでしょうか。NHKの受信料の支払いには、様々な免除制度というものがあります。NHKによって決められた基準を満たした人に対して適用される受信料の免除制度であり、様々な条件が存在しているので、誰であっても受けることができるわけではありません。

そして、そのNHK受信料の免除制度を受けることができる基準とは、日本放送協会放送受信料免除基準と呼ばれるもので厳格に定められています。この基準には細かな項目で定められており、絶対に対象者であると断定することは、詳しく調べなければ難しいです。細かく知りたい場合は、NHKのコールセンターなどで問い合わせてみることが勧められます。

NHKの受信料支払いの免除制度には半額免除全額免除の2つのタイプがあります。半額免除の対象者は、NHKの受信料を支払うことになる世帯主が以下の障害者としての条件に当てはまった場合です。視覚・聴覚障害者、重度の身体障害者、重度の知的障害者、重度の精神障害者、重度の戦傷病者となります。

NHK受信料の全額免除の対象者は、公的扶助受給者をはじめとして、市町村民税非課税の障害者、そして社会福祉事業施設入所者となっています。母子家庭の人がNHK受信料の免除を受けられる可能性が高い条件は、公的扶助受給者か社会福祉事業施設入所者になった場合で、全額免除を受けられる可能性があります。

公的扶助受給者とは、おもに生活保護を受けている人のことであり、母子家庭で生活に困窮して生活保護を受けているのならば、支払いの全額免除を受けることが可能です。社会福祉事業施設には、様々な施設がありますが、母子家庭で生活が困難であると判断された場合は母子福祉施設に入所できます。この施設に入所して、その施設内にテレビなどの受信設備があれば免除されます。残念なことに、母子家庭というだけで免除されることはないという厳しい現状です。

NHK受信料の免除枠で母子家庭条件の対象だったことに気付いたけど遡って過払い金は戻ってくるのか


NHKの受信料の支払いは、NHKとの受信契約をしたことによって民事上の責務が生じて支払うこととなります。そして、NHKとの受信契約は、放送法によって成り立っています。この契約関係が成立し、契約関係の書類が提出されてから、NHKの受信料を支払うこととなります。様々なNHKの受信料支払いの免除がありますが、これらの免除はNHKに対して受信料の免除申請してから、その免除が開始されます。

NHKの受信料支払い免除の対象者は、わかりにくい条件も多々あります。自身がその対象者となっているかどうかを知らないでいる期間もあるでしょう。母子家庭の場合は、生活保護受給・社会福祉事業施設に入所したことによって対象となったならば、受給終了後・施設退所後に対象であったと知ることもあるかもしれません。

そのような場合に、本来ならば免除されていた期間に該当するNHK受信料、つまり過払い金は、NHKに請求することでその受信料分が返金されるのかといった問題があります。生活困窮状態から抜け出せていない母子家庭ならば、生活の足しにしたいために、ぜひ返金してほしいところでしょう。

残念なことに、たとえ免除枠に入っていたとしても、気づいた後に遡って払いすぎたNHK受信料が返金されることは基本的にありません。これは、NHKが基本的に届け出を重視して様々な手続きを行っているからです。

NHK受信料の免除申請が届けられて初めて免除されるので、不当利得にも該当せず法律上でも問題がありません。しかし、どのような場合でも返金されないわけではありません。NHKの受信料を前払いであらかじめ支払っていた場合は、返金される可能性もあります。

NHKの受信料の免除申請で母子家庭割引の手続きの詳しい手順


NHKの受信料支払い免除は、申請して初めて受けることができるものです。これは母子家庭に限らず、すべての免除対象者に当てはまることです。NHKの受信料支払いの免除は、NHKに対して行うものですが、コールセンターなどに問い合わせて終わるというものではありません。指定の手続きをしなければ、免除の届け出がなされたとはみなされないので、注意を払わなければなりません。

また、手続きには、申請申し込み書類の書き込み以外にも必要となる物があるので、しっかりと準備しなければなりません。NHK受信料の免除の届け出は、市役所やNHKの窓口で申請書を受け取ることから始まります。もし、NHKの受信契約をしていないのならば、まずは受信契約をしなければならなりません。自身の住民票がある役所へと免除申請書を受け取り、必要事項を書き込みます。書き方がわからない場合は、役所の職員に尋ねれば教えてくれるでしょう。

なお、印鑑各種手帳が必要です。その後、役所の福祉課へと行き、免除事由の証明(確認)を受けます。無事に免除事由の証明を受けたのならば、受信料の免除申請書をNHKに郵送すると、しばらくしてNHK側から「免除受理通知」が自宅に届けられ、受信料の請求が止まります。NHK受信料の免除申請書の提出は、役所で代行してくれる場合もあります。

免除の申請が受理されたならば、母子家庭の場合は全額免除が多いので、請求がなくなるでしょう。NHKから免除事由確認調査が届くことがあり、提出を怠ると免除が取り消される可能性もあるので注意が必要です。なお、免除の申請はしても、免除対象から外れた場合に手続きをし忘れる人もいますが、早めに手続きすることが勧められます。対象でないことが調査により判明すると、遡って請求される可能性があるからです。

【気になるNHKタイトル】

FODフジテレビオンデマンド無料キャンペーン実施中

-NHK

Copyright© ライフば〜す , 2019 All Rights Reserved.