NHK

NHKの受信料の断り方で一軒家では玄関扉を開けない事が大切

更新日:

NHK受信料断り方は、一軒家の場合どういった対応をすべると良いのか分からないことが多いです。一般的にNHK受信料の断り方は一軒家の場合でもマンションでも基本的には同じですが、一軒家独特の対応策というものもあります。この記事を読むと、NHKの受信料の断り方で一軒家の場合によくある間違いと正しい方法について理解することができます。

お金大好きば~す君
NHK受信料の断り方は一軒家の場合とマンションの場合には、その対応の仕方や方法が違ってくるんだね。特に一軒家の場合には、そのNHKの集金人の対応が難しいこともあるので、誰でも簡単に対処できる方法を教えて欲しいなぁ。

ば~す君は、損得にとても敏感な生物で常にメリットがあるかを鋭い嗅覚で嗅ぎつけるライフば~すの住人です。また、当サイトはNHKを見ているのに受信料を払わない方法を説明していません。

NHKの受信料の断り方で一軒家は玄関扉をあけない事


NHKの受信料の断り方で一軒家の場合には、集金人だとわかったら玄関扉を開けないことが大切です。一軒家の場合、来客や訪問が合った時などに玄関扉をあけている家も多いでしょう。しかし、NHK受信料の集金人に対しての対応の場合には、玄関扉をあけておいた方が断れると思われがちです。しかし、玄関扉に関してはあけない方が集金人の対応がしやすく、断り方としても良いと言えるでしょう。

一般的に一軒家のインターホンのカメラは玄関前に設置されていることが多いです。そのため、玄関扉をあけてしまっていると集金人かどうかを確認することが出来ません。悪質な集金人の場合、NHK以外の名前を名乗ってドアを開けさせ、契約を要求してくることもあります。玄関扉にインターホンのカメラを設置している場合は問題ありませんが、そうでない場合は玄関扉をあけない方がNHK受信料の集金人対策としては良いでしょう。

また、NHK受信料の契約に関しては玄関先で行うのではなく、受信料契約の書類を自分で書いて送る方が安全です。NHKの受信料契約には地上デジタル放送の受信料のみを支払う地上契約と、地上デジタル放送の受信料に加えてBSの受信料も支払う衛星契約の2種類のプランがあります。契約を集金人に任せてしまうとBSを視聴していないのに勝手に衛星契約を結ばされてしまうことがあります。

NHKは一度受信料契約を結んでしまうとその解約の手続きを行うのが面倒です。衛星契約をNHKの集金人によって結ばされてしまった場合、自宅でBSを視聴できないことを細かに証明しなければいけないことも多く、NHKの受信料契約を結ぶのであれば、集金人に契約用の書類を用意させるもしくは自分でNHKへ連絡をして地上契約用の書類を送ってもらって契約する方が安全でしょう。

NHK受信料の断り方で一軒家ならインターホン越しに行う方が良い理由


NHK受信料の断り方で一軒家なら、必ずインターホン越しに応答する方が良いです。一軒家の場合、NHK受信料の断り方はドアを開けて対応するのではなく、インターホン越しに行う方が良いと言える理由を説明します。悪質なNHK受信料の集金人の場合、無断で家に上がろうとする人もいるので、不当な受信料契約を結ばされないためにもインターホン越しで対応しましょう。

それに、カメラ付きのインターホンであれば、NHKの集金人の対応を録画することが出来るので、万が一NHKの集金人の対応が悪質だった場合にそれを記録してNHK側に問い合わせることが可能です。家に傷を付けられた場合やNHK以外の名前を名乗った場合は違法行為に当たるので、この場合証拠が残っているととても有利と言えるでしょう。

それにNHKの集金人に対して、一度ドアを開けて対応してしまうと色々な理由を付けて受信料契約を結ばせようとします。しかし、これがインターホン越しでの応答であれば無視をするなどの断り方をすることで、NHKの集金人も受信料契約を諦めて帰ることが多いです。NHK受信料の契約を結びたくないのであればインターホン越しで対応することが大切です。

ただ、基本的に自宅へ来客が来る時間帯を把握し、それ以外の訪問には一切対応しない方法が一軒家のNHK受信料の訪問対策としてはベストと言えるでしょう。NHK受信料の集金人は一軒家に人がいることがわかれば人が出てくるまでインターホンを鳴らしてくる場合もあります。場合によっては、NHKの集金人が一軒家の電気メーターなどを確認して在宅かどうかを調べる人もいます。

万が一NHKの集金人への対応を無視したからとはいえ、テレビが無いなど受信料契約不要の条件を満たしていれば契約の義務はありません。何度もインターホンを鳴らされても、NHKの集金人とわかっているのであれば対応しないことも断り方の方法として大切です。

一軒家を新築するとなぜ高確率でNHK受信料の集金人が来るのか


NHK受信料の集金人は一軒家を建ててから数日経過した際に、何故かかなりの高確率でやって来ます。しかし、NHK受信料の集金人はどうして新築の一軒家に引っ越してきたばかりなのにわかるのでしょうか。基本的にNHK受信料の集金人は地域にあるすべての家を回っています。そのため、工事中の段階の一軒家も把握している可能性が高いです。

引っ越す前に既にNHKの集金人が家に目を付けていることから、引っ越してきて数日の間にNHK受信料の集金人が訪れてくると言えます。しかし、引っ越して間もないとテレビが視聴できないことも多いでしょう。そのためNHKの集金人が来ても、「テレビを視聴できない」という断り方で問題なく契約を避けることが出来ます。

それに、NHKは金融機関やケーブルテレビ会社、不動産会社など様々な企業に業務委託を行っています。そのため、引っ越しを行えば色々なところからNHKに引っ越した情報が流れていると言えるでしょう。また、ガスや電気のメーターに貼られている札のようなものがあり、これによっても新しく人が入居したことや、住民が引っ越して行ったことを知ることが出来ます。

これらのメーターなどを見て判断しているNHKの集金人も多く、色々なところからNHKは引っ越した情報を得ていると言えるでしょう。また、NHKは勝手に住民票を取得することが可能です。過去にNHKの契約を結んでいた家庭が引っ越しをし、料金を支払い続けていたものの引っ越しの手続きをしていなかったためにNHKが勝手に住民票を取得し、転居の手続きをしたという裁判がありました。この際には債権者であるために本人以外でも住民票を取得できると判断されています。

NHK受信料の断り方で一軒家へ何度も集金人が来る場合の対策


NHK受信料の断り方で一軒家に何度も集金人が来て困っている場合には、それ以降に全く来なくなる正当な理由を作る方法もあります。ただ、NHKの受信料を支払う義務がある状況というのは、NHKの電波を受信できる設備がある場合です。「テレビが無い」と集金人に対して言うのはNHK受信料の断り方の定番と言えるでしょう。

これがどうして定番の断り方となっているのかと言うと、テレビが無いことはNHKの電波を一切受信することが出来ないということであり、そもそもNHKと受信料契約を結ぶ必要がないためです。実際にテレビがあってNHKを受信出来る状態であれば契約をする義務がありますが、そうでなければ契約を結ぶ必要はありません。しかし、テレビが無いと言って契約を断る人が多いため、NHK側もこの理由ではなかなか引き下がってくれないことが多々あります。

B-CASカードの電波を受信しているためにNHKの電波を受信できる設備があると言って確認しようとする集金人もいますが、B-CASカードの電波を受信することは出来ないのでこれは出鱈目です。そのため、一軒家で何度もNHKが来る場合は集金人に対してテレビが無いことをはっきり証明すれば良いと言えるでしょう。テレビが自宅に無いことを簡単に証明する手段としては、家に上がってもらう方法がベストです。

しかし、NHKの集金人を家に上げたくない人も多いでしょう。そんな時にはNHKに直接電話をかけて、自宅にテレビが無いのに何度もNHKの集金人が訪問してくるという旨を伝えるとそれ以降は来なくなることが多いです。実際にテレビがあってNHKを視聴しているのに契約を結んでいない場合、NHK側は受信料の支払いを求めることが出来ますが、NHKを受信できないのに契約を求めて裁判を起こされても100%勝てると言えるでしょう。

【気になるNHKタイトル】

FODフジテレビオンデマンド無料キャンペーン実施中

-NHK

Copyright© ライフば〜す , 2019 All Rights Reserved.