NHK

NHK受信料の断り方の最新バージョンと集金人の弱みの秘密

更新日:

NHK受信料断り方最新情報は、時代の変化と共に変わってきております。NHKの受信料の断り方が一昔前に通用していた事例を活用して、断る事ができずにNHKの受信料契約をしてしまった方や集金人の言いなりとなってしまう方も多くいます。この記事を読むと、NHK受信料の断り方のバージョンと集金人の弱みの秘密を知ることができ、正当な理由でお断りする方法を理解できます。

お金大好きば~す君
NHK受信料の断り方の最新情報って、しっかりと調べておかないと現在の集金人の猛烈な圧力でしぶしぶ契約しちゃいがちだよね。そもそもどういう状況であればNHK受信料契約が必要で、どういった場合なら不要なのかも知りたいよね。また、今通用するNHK受信料の断り方も教えて欲しいなぁ。

ば~す君は、損得にとても敏感な生物で常にメリットがあるかを鋭い嗅覚で嗅ぎつけるライフば~すの住人です。また、当サイトはNHKを見ているのに受信料を払わない方法を説明していません。

NHK受信料の断り方の最新バージョンは強い意志表示が大切


NHK受信料の断り方の最新バージョンは、集金人に対して契約するつもりは無いという強い意思表示が大切です。NHK受信料の断り方については、以前までの場合「自宅にテレビを持っていない、そもそもテレビを見ていない」という主張が効果的と言われていましたが、今現在のところそれでは通用せずに集金人が引き下がらない場合も多いです。

NHK受信料の断り方の最新バージョンは、集金人に対して「不服であればどうぞ裁判をしてください」というスタンスが重要です。なぜかというと、集金人はNHK受信料の支払いや契約を渋る人に対して、「裁判をしますよ、法的措置を取りますよ」と言ってくる場合があります。そして、住人に不安を植え付けてNHKの受信料契約させようとする場合があるからです。

そのため、集金人に対してこちら側の弱みを握らせず、「私は絶対にNHK受信料の契約しない。そして正当な理由を持っているからお好きに裁判をしてくださいね。」という強い意志を集金人に示すことが大切になってきます。また、NHKの集金人は、一度断っても再度訪問してくることがあります。しかし、こちら側が一切裁判を恐れず、絶対にNHK受信料契約しないという強い意思表示をし続けていると、集金人が来なくなることもあります。

また、万が一集金人が、正当な理由なしにNHK受信料契約をしないと裁判をすると言ってきた場合、これは逆に集金人側の違法行為になります。そのため、万が一このセリフを言われた場合には、集金人の名刺を求めて所属会社に苦情を入れると言ったり、今から警察に電話をすると伝えると、すぐに集金人が帰ってくれる場合が多いです。

NHK受信料契約をせずにしっかりと支払っていない人の中には、本当にNHKから裁判をされるのではと不安に感じる人もいるでしょう。確かに、NHK受信料の支払いをしていないために、裁判を起こされるというケースがないわけではありません。しかし、裁判をされるケースとして多いのは、NHKと契約をしているのにも関わらず、受信料を支払っていないという場合です。

NHKからの裁判を恐れているような態度や不安げな態度をこちら側が見せてしまうと、集金人にうまく言いくるめられてしまうこともあるため注意が必要です。

NHK受信料の断り方の最新の応対方法は主導権の位置


NHKの受信料集金人の断り方の応対方法にも、最新バージョンがあります。それは、NHKの集金人に主導権を握らせないことです。基本的に、NHKの集金人の話を聞き入れてはいけません。少しでも話を聞いてしまうと、いつまでたってもその交渉を辞めなかったり、猛烈なマシンガントークのラッシュでこちら側が発言する隙間もなく帰ってくれないということも考えられます。そのため、決して相手の話に耳を傾けてはいけないのです。

具体的なNHK受信料の断り方の最新バージョンとしては、先述してきた通りここでも「集金人に対して帰ってほしいという意思表示」をこちら側がしっかりとすることです。家主がNHKの集金人に帰って欲しいという意思表示をしているにも関わらず、その場に留まった場合には、刑法130条不退去罪が成立します。そのためすぐに警察へ連絡することが大事です。

この際に大事になるのが、はっきりと帰って欲しいという旨を何度も何度も伝えることです。また、一言でもNHKの集金人の話を聞いてしまったり、質問に答えてしまうと、その時点でNHKの集金人の訪問を家主が許可したことになってしまう場合もあるため、NHK集金人の質問には一切答えずに、何度も帰って欲しいと伝えることが大事になってきます。

NHKの集金人は、自分が話の主導権を握れるかそうでないかを、家主のある特徴を見て判断しています。NHK集金人のそれの判断基準が、家主が法律に詳しいか詳しくないかです。この家主は法律に関して知識が無さそうだとNHK集金人が判断した場合、一向に引き下がらずに過度な受信料契約交渉を続けてくることもあります。場合によっては、法律違反となる方法で、NHK受信料契約交渉を進めてくる場合もあるのです。

しかし、家主が法律に関してある程度の知識があるとNHKの集金人が判断した場合、すぐに立ち去ることも珍しくありません。だからといって、法律に詳しいふりをすることはおすすめできません。そのような知ったかぶりはNHKの集金人にすぐに見破られてしまう可能性があるからです。そのため、前もってNHK受信料に関する法律の大まかな内容だけでも把握しておくことをおすすめします。

NHK受信料の断り方の最新の工夫


NHK受信料の最新の断り方の一つとして、インターホン越しで集金人とのやりとりをするという方法もあります。人によっては、直接的な対面時だとNHKの集金人に対して自分の意思をしっかりと主張できないという場合もあります。その場合には、あえてドアを開けて対応せずに、インターホン越しでNHKの集金人と会話をすることがおすすめです。

そうすることによって、比較的安心してNHKの集金人の応対ができる場合もあります。インターホン越しでNHKの集金人と話しをすると、「対応をお願いします」と言われる場合があります。つまり、家のドアを開けてくださいという意味です。しかし、一度家のドアを開けてしまうと、NHK集金人の口車に乗せられて受信料契約させられてしまったり、なかなか帰ってくれないという事態を招きかねません。

そのため、インターホン越しであってもNHKの集金人に「帰ってください」とはっきりと伝え、それ以外のことは話さないということが大事です。例えインターホン越しであっても、帰って欲しいということを伝えているにも関わらず、NHKの集金人が帰らなかった場合には、不退去罪が適用されます。なかなか帰らない場合には、警察に通報しますと伝えてみるのも効果的です。

更に、どうしてもNHKの集金人が帰らない場合や、ドアを開けて対応してくださいとしつこく言ってくる場合には、会話を録画録音すると言ってみることも効果的です。NHKの集金人は、自分の姿をスマホやビデオカメラで録画される事やそのやり取りの音声を録音されることを極端に嫌う傾向があります。また、NHKの集金人の中には、こちらが録画や録音をしていると、一方的に著作権の侵害だと言ってくる場合があります。

しかし、ビデオカメラやスマートフォンを使用したこれらの録画録音は、防犯カメラと同じ意味になりますので全く問題ありません。もし、NHKの集金人から著作権の侵害で訴えると言われても、ひるまずに録画録音を続けることも大事なポイントです。そもそも拒否したり嫌がるということは、そのNHKの集金人が録画や録音をされて困るような内容を話していることの裏返しです。

NHK受信料の断り方の最新対応として場合により無視も


集金人を無視するということも、NHK受信料の最新の断り方です。住人の中には、NHKの集金人に対して受信料契約する意思はないのに質問をしてしまったり、契約内容の確認をしてしまう人もいます。ですが、これをしてしまうと、NHKの集金人の思う壺となってしまうこともあるのです。万が一、NHKの集金人の話に聞き入ってしまうと、どんどんと相手の話を聞かされ、話を進められてしまいます。

NHKの集金人は、受信料契約交渉の方法などを勉強している場合があるため、うまく口車に乗せられて、気づいたら印鑑を押していたということにもなりかねません。そのため、一切NHKの集金人の話に聞き入らず、契約内容を無視をするということが大事になってきます。特に、大人しい性格の人の場合は、NHKの集金人と話しているうちに、断り切れずに受信料契約をしてしまったということにもなりかねません。

NHKと一度受信料契約をしてしまうと、解約をするための手続きに時間がかかったり、面倒な手続きが必要になる場合もあります。最初からNHK受信料契約をする気がないのであれば、受け答えは一切しないというつもりでNHKの集金人へ対応することが大事です。受信料に関する法律の知識がない人の中には、断ろうとしてNHKを見ていないと言ってしまう場合がありますが、これは逆効果です。

NHKのテレビ番組を見ていなくても、NHKの電波を受信できる受信設備を自宅に持っている場合には、NHKと受信料契約が必要だと逆に迫られてしまうことが考えられます。断るつもりでNHKの集金人と会話をしたとしても、逆手に取られて言いくるめられてしまうという可能性も十分に考えられますので、できるだけ会話はせずに、「NHKの受信料契約はしない、帰って欲しい」という意思を明確に伝えることが大事です。

万が一立ち去らない場合は、警察に電話をして相談することも大事になってきます。以上がNHK受信料の断り方の最新バージョンの解説と集金人の弱みの秘密についてでした。

【気になるNHKタイトル】

FODフジテレビオンデマンド無料キャンペーン実施中

-NHK

Copyright© ライフば〜す , 2019 All Rights Reserved.