NHK

NHK受信料の断り方はステッカーNHK撃退シールで解決する秘密

更新日:

NHK受信料断り方で、ステッカーNHK撃退シールがとても効果があるという話しを聞いたことはないでしょうか。NHKの受信料の断り方がとても苦手という方には、ステッカーのNHK撃退シールを集金人に見せるだけという方法がとても簡単です。この記事を読むと、NHK受信料の断り方でステッカーのNHK撃退シールを使う方法と、その凄まじい効果で集金人を帰らせる秘密がわかります。

お金大好きば~す君
NHKの受信料の断り方って苦手な方が多いと思うけど、ステッカー1つあれば解決しちゃうって本当なの?どうして、たった1枚のNHK撃退シールを玄関やポストなどの集金人に見えるところに貼るだけでNHKの集金人を撃退できるのだろう。その具体的な理由と秘密を教えて欲しいなぁ。

ば~す君は、損得にとても敏感な生物で常にメリットがあるかを鋭い嗅覚で嗅ぎつけるライフば~すの住人です。また、当サイトはNHKを見ているのに受信料を払わない方法を説明していません。

NHKの受信料の断り方で効果のあるステッカー「NHK撃退シール」とは


NHKの受信料の断り方で、ステッカーのNHK撃退シールをご存知でしょうか。NHKの集金人は、忘れたころに突然訪問してきます。NHKの集金人は、普通のセールスや役所の調査のような口調で語りかけてくるので思わず自宅のドアを開けたところ、NHKの集金人の身分証を見せられたらもう後の祭りです。

「ドアを開けなければよかった。」など心の中で後悔しても、NHKの集金人が立て板に水のごとくNHK加入の義務についてのマシンガントークを話し始めるため、頭が真っ白になり、NHK受信料の断り方が思い浮かばなくなってしまいます。なんとかNHKの集金人に帰ってもらえた後は、どっと疲れが出てしばらく何も手につかなくなります。

できればNHKの集金人と直接顔を合わせずに帰ってもらえれば一番よいのですが、そのような方法はあるでしょうか。その有効な方法として、冒頭で前述してステッカー「NHK撃退シール」という強烈な効果のあるアイテムがあります。NHK撃退シールは、NHKに受信料を払っていない人を全力で応援、サポートするという「NHKから国民を守る党」が作成しているものです。

この党によると、簡単な受信料の断り方としてステッカー「NHK撃退シール」を自宅の玄関先に貼っておくとNHKの集金人が来なくなるという、魔法のシールだということです。住所、氏名を記入した返信用封筒に82円切手を貼って「NHKから国民を守る党」のホームページに書いてある住所に送ると、返信用封筒にステッカー「NHK撃退シール」を入れて返送してくれます。往復の送料以外の費用はかかりません。

このステッカーには、NHK撃退シールのステッカーを自宅のドアなど目立つところに貼ったにもかかわらずNHKの集金人がきた際には、直ちにその場から電話で連絡するよう「NHKから国民を守る党」の党員の方の連絡先が印刷されています。党首の立花孝志氏によると、NHKが集金人に「NHK撃退シール」を玄関やポストなど目立つところに貼っている家には訪問するなと指示をしているため、このステッカーを貼るとNHKの集金人が来なくなるとのことです。

ステッカーを使ったNHK受信料の断り方でなぜ効果があるのか


ここではなぜ、NHK受信料の集金人は「NHK撃退シール」を貼っている家に集金に行ってはいけない、という指示を出しているのかについて考えてみましょう。それは、NHKの集金人がNHKの受信料を払っていない人に言う文言が、違法行為にあたるからだと、立花孝志氏は説明しています。例えば、NHKの集金人は、受信料を払っていない人に対して、これまでの受信料は払わなくてよいからこれからの受信料を払うように、言ったとします。

これは、放送法64条2項に違反しています。もしも、NHKの集金人が、受信料を払っていない人の家の前で待ち伏せをしていたら、それはめいわく防止条例違反となります。居留守を使っていると疑って、NHKの集金人が何度もチャイムを鳴らすことも、めいわく防止条例違反となります。そして、家主が「帰ってください。」とNHKの集金人に何度言っても帰らない場合は、刑法130条・不退去罪にあたります。

もしも、NHKの集金人がドアに足を入れてドアを閉めさせないようにしたとしたら、脅迫罪・住居侵入罪にあたります。テレビを持っていないという人に、ワンセグ機能付きの携帯電話などを持っていればNHK受信料契約が必要だと必要事情に迫ることは、NHK受信料の集金人が違法となる場合もあります。「NHKから国民を守る党」は、このような違法性のあるNHK集金人側の行為を録音、録画して、youtube上で公開しています。

NHKは、集金人がこのステッカーを貼っている家へ集金に行き、受信料を支払っていない人がその場から「NHKから国民を守る党」の議員に電話をして、そのやりとりの会話内容を録音することを恐れているため、このNHK撃退シールのステッカーを貼っている家へ訪問しないよう、指示をしています。このように、NHK受信料の断り方として、NHK撃退シールを貼っておくことは効果があると考えられます。

ステッカーを貼っていてもNHK受信料の集金人が来た時の断り方


NHK受信料の断り方として、ステッカーのNHK撃退シールを貼っているのにもかかわらず、集金人がきたときはどのように対応すればよいでしょうか。実は、YouTubeにこのステッカーの効果がはっきりと現れている動画がいくつも投稿されています。さて、ここからは直接NHK撃退シールをNHKの集金人に見せる断り方と、インターフォン越しにNHKの集金人にNHK撃退シールを見に行ってもらうよう促す断り方について紹介します。

直接NHK撃退シールをNHKの集金人に見せる断り方としては、まずドアを開けてNHKの集金人としっかり顔を合わせます。それからNHKの集金人の目の前にステッカーを出して「これ分かりますか。」と尋ねます。YouTube上の動画では、NHKの集金人がすぐに「分かります。」と答えて苦笑いしながら引き下がりました。

インターフォン越しにNHKの集金人に、NHK撃退シールを見に行ってもらうよう促す断り方は、受信料を払っていない人が、まずインターフォン越し相手の身分証を確認しました。そしてNHKと分かると、「門のところにNHK撃退シールが貼ってあったのを見ていないですか。」と尋ねました。NHKの集金人が見ていないような返答をしたところ、もう一度見に行くように促しました。

NHKの集金人は門のところまでステッカーを見に行き、そのまま戻ってくることなく「失礼します。」と言い残して帰りました。このようにステッカー「NHK撃退シール」を見れば、NHKの集金人はそれ以上話をしてくることはないようです。

NHK撃退シールの集金人への見せ方としては、直接こちら側が集金人へ見せても、シールの場所を指示して見に行ってもらっても、NHKの集金人がステッカーを目にしたという確認作業をきっちりとることで、NHKの集金人に帰ってもらうことができます。

どうしてNHK受信料の断り方をステッカーにすると良いのか


NHKの集金人は、言葉巧みな人が多いです。NHKの受信料の集金人から「お話があるので出てきていただけませんか?」など言われて、つい自宅の玄関先に出て行ってしまうと、そこから受信料契約をせずに帰ってもらうことはかなり困難です。一人暮らしをはじめたばかりの学生や、日中は一人で家にいる主婦などにとって、一人の力で交渉を終わらせることはかなり難しいことです。

話の途中で逃げるように家に戻り、鍵を閉めたとしても、まだNHKの集金人が家の前にいるのではないか、もし外に出てまた会ったらどうしよう、など、とても不安な気持ちになります。インターネットネット上では、ステッカー「NHK撃退シール」を玄関先に貼ってからNHKの集金人が来なくなったという体験談をたくさん見ることができ、NHK撃退シールはNHKの集金人への断り方の定番となっています。

それでも自宅の玄関先やポスト付近に貼ってあるステッカーに気づかずにNHKの集金人が来ることがあります。そんな場合は、まずNHKの集金人にステッカーを確認してもらいましょう。また、最近では「NHKから国民を守る党なんて、国民を守ってくれませんよ。かえって狙われますよ。」などと言うNHKの集金人がいたという情報が、「NHKから国民を守る党」に入っているようです。

NHKの集金人がステッカー「NHK撃退シール」を貼っているにもかかわらず一向に帰ってくれないのであれば、迷わずステッカーに書かれている「NHKから国民を守る党」の議員の方の携帯電話に連絡しましょう。実際に議員の方がNHKの集金人と電話で話をしている動画をYouTube上で見ることができます。

NHKの集金人は、「NHKから国民を守る党」の議員の方と直接話すことを嫌がっているようで逃げ腰になっています。NHK受信料の断り方を簡単に身に付けたい場合には、ステッカー「NHK撃退シール」を入手すれば、きっとうまくいくでしょう。

【気になるNHKタイトル】

FODフジテレビオンデマンド無料キャンペーン実施中

-NHK

Copyright© ライフば〜す , 2020 All Rights Reserved.