NHK

NHK受信料の訪問が夜中にひどい場合は警察通報をするべきか

更新日:

NHK受信料訪問中に集中して、あまりにもひどい場合は警察へ通報すべきなのかと気になる人も多いでしょう。一部のNHK受信料の集金人は、真夜中であっても訪問してくることがあり、中には玄関に居座り続けたりドアを強引に閉じさせないようにする者もいます。この記事を読むと、NHK受信料の訪問が夜中にひどい時に警察へ通報すべきかどうなのかという具体的なポイントを理解できます。

お金大好きば~す君
NHK受信料の訪問員が夜中であっても、強引な契約を求めて来る場合ってあるよね。これって、警察へ通報して良いものかどうかいざ自分が直面すると、なかなか警察へ通報は勇気がいるものだもんね。その辺を詳しく解説してくれないかなぁ。

ば~す君は、損得にとても敏感な生物で常にメリットがあるかを鋭い嗅覚で嗅ぎつけるライフば~すの住人です。また、当サイトはNHKを見ているのに受信料を払わない方法を説明していません。

NHK受信料の訪問員が夜中に来ても警察通報で対応してくれるのか


NHK受信料の訪問員が夜中に何度も繰る場合、警察へ通報すべきなのか気になるところです。NHK受信料の契約をしてほしいと毎日のようにNHK訪問員が訪れるなんてことはよくある話ですが、実は中には悪質なNHK受信料の訪問員もいます。特に言われているのが、NHK受信料の訪問員が夜間に来るという問題です。

NHK側では、24時間いつ訪問しても問題ないとされていますが、それは本来あくまでも常識的な範囲で行うことを前提としています。しかし、あまりにも契約が取れないと困ってしまうNHK受信料の訪問員も多く、出勤前の明朝に訪れたり、真夜中であろうと仕事から帰宅した際の時間を見計らって訪れることがあります。

一人暮らしの女性にとって、夜間にインターホンがなることは恐怖でしかありません。しかも毎回同じようにNHK受信料の訪問員が夜中に訪れるとなると、家に帰宅するのすらとても怖くなってしまいます。そのような時、警察に通報しても良いか迷った経験はありませんか。警察に通報したとしても、取り合ってくれないのではないかと不安な人も多いでしょう。

実際に警察に通報しても対処してもらうことができなかったという人もいるようですが、あまりにも常識外れの時間に訪問してくるようですと注意をしてくれることはあるようです。また、NHK受信料の訪問員に対して「このままですと警察を呼びますよ」と伝えるのも良いでしょう。それに対して強気に出て暴言を言ったり、ドアを叩くようであればすぐに警察に通報してください。

これらは、迷惑行為をしていることになりますので、その場で警察が対処してくれます。NHK受信料は義務だから契約をしない自分が悪いと思い込んでいる人もいますが、正当な理由がこちら側にあるのであればその受信料は義務ではありません。契約をした上で支払わないのはダメですが、未契約であれば毅然とした対応をしましょう。

NHK受信料の訪問が夜中に来て居座られたときに警察を呼ぶときの注意点


NHK受信料の訪問員が夜中にドアの前で何度も何度も必要以上にインターホンを押し続けることや、ドアの前から動かないなどのトラブルが報告されています。NHK受信料の訪問員にとってもそれが委託業務の仕事である以上、受信料契約をしなければ収入に結び付けることができませんので夜中であろうと意地になってしまう部分はありますが、度を超すような場合には注意が必要です。

夜間の訪問に関しては常識的な範囲での時間帯を選択するのはもちろんそうですが、居留守を使っているからと言ってドアの前にNHK受信料の訪問員が必要以上に居座るのは問題です。まずは、NHK受信料の訪問人に対して「受信料の契約をする気がない」ことを伝えてください。もしその場で「義務だから」とか「電波を探知している」などと言ってくるかもしれませんが、毅然とした態度を取り続けてください。

そして、NHK受信料の訪問員に対して「お帰り下さい」と伝え続けていきましょう。大概の人はこの段階で帰ってくれますが、中にはそれでも帰らずに粘るNHK受信料の訪問員がいます。その場合には、NHK受信料の訪問員に「警察を呼びますよ」とはっきり伝えてください。NHKの受信料の訪問員にとっても警察を呼ばれるのは不本意なことですから、退散することがあります。

ただし、それでもNHK受信料の訪問員が頑なに居座るようでしたら警察に通報しましょう。通報する際にどれぐらいの時間居続けているのか、帰ってほしいということを伝えたのに関わらず帰ってもらえないことをしっかり伝えてください。近所の人にも迷惑がかかることや、困っていることをはっきり伝えるのがポイントです。

警察にとっても特に事件性のないものは腰が重い為、困っている実情がないと来てくれません。自分で対処してもダメだったという結果を伝えることが大切です。ドアを蹴ることや異常なインターホンの回数などがあればそれもしっかり伝えましょう。

NHKの受信料で夜中に訪問員が侵入してきたら警察を呼ぶべきか


NHK受信料の訪問員が夜中に、必要以上の居座りを続けたり自宅へ侵入してきたら警察を呼ぶべきかどうかについて説明します。モニター付きインターホンを設置している家であれば、インターホン越しにやりとりすることができますが、中にはドアの前にインターホンが付いている場合にNHK訪問員だと気付かずにドアを開けてしまったという人もいるでしょう。

自宅のドアを一度開けてしまうと、一部のNHK受信料の訪問員はドアをしめられないように足をドアに挟み、契約をしてほしいと訴えてきます。これ、一人暮らしの女性だったらとても怖い話ですし、時間帯が夜中であれば尚のこと恐怖でしかありません。しかも、本当にその相手がNHK受信料の契約を取りにきた訪問員であるかどうかも咄嗟に確認しようがないのです。

ドアをうっかり開けて対応してしまった以上、簡単にNHK受信料の訪問員もそうそう引き下がることはありません。契約を取るまでは帰らないという姿勢で臨んでくるでしょう。その為、契約する気がない人にとってはとても困る状況になります。はっきり伝えても帰ってくれない上に、契約をするまではドアを閉めることもできません。NHK受信料の訪問員の中には家の中に上がってこようとする人もいるようです。

こちらが自宅に「テレビを持っていない」と伝えても、一部のNHK受信料の訪問員が部屋の中に入って確認させてほしいと言われることもあるようで、一人暮らしの女性にとってそれは恐怖でしかありません。こちらの意図していない状況で部屋に入った場合は、不法侵入となりますので迷わず警察を呼ぶようにしてください。

NHK受信料の訪問員であるかどうかも分からない人が家に勝手に入ってきたと伝えればすぐに行動してくれます。警察へ通報する際に注意してほしいのが、NHK受信料の訪問員に逆上されないような場所で通報することです。できれば、NHK受信料の訪問員にこちらが警察へ連絡していることを知られないようにしておきましょう。

NHKの受信料の契約で夜に訪問員が来て警察を呼ぶ事例


NHK受信料の訪問員が、夜中に訪れてトラブルになったケースは少なくありません。警察にお世話になることも多いようです。実際にあった事例を元に考えてみましょう。まず、NHK受信料の訪問員がドアの前や玄関への居座りをして、こちらの何度も帰ってほしいという訴えを無視した場合には、刑法130条「不退去罪」にあたるので、すぐに警察に通報してください。

警察が対応してくれないのではないかと不安な人もいるでしょうが、刑法に反するものですのですぐに対応してくれます。できれば、証拠となるようにスマートフォンで動画を撮影しておくなども有効です。このときは、NHK受信料の訪問員に逆上されない程度に行ってください。また、こちらの許可なく部屋に上がり込んだり、私有地に入り込む場合も通報対象となります。

これは立派な不法侵入罪や住居侵入罪に該当する為、警察に通報するだけですぐに対応してくれるでしょう。中には、オートロックを抜けてドアの前で契約をしてくれと言われるケースです。オートロックを開錠していないのに関わらず、部屋の前まで来た場合も不法侵入に該当しますので通報しましょう。他の住人がオートロックを開錠した時に入ったということになりますので、これは犯罪です。

このケースもよくある話ですので、オートロック付きの物件に住んでいるからと言って安心しないようにしましょう。あまりにも非常識で執拗な訪問の場合は警察に伝えるのも手ですが、「NHKふれあいセンター」という窓口に悪質なNHK受信料の訪問員について連絡するのも手です。

どのような迷惑行為を受けているのか、いつ行われたのかを詳しく伝えてください。たとえ集金に来たNHK受信料の訪問員の名前が分からなくても、こちらの住所一つで担当が分かるようになっていますので、注意してくれます。受信料のノルマがあるとは言え、迷惑だと感じているなら連絡してみてください。

【気になるNHKタイトル】

FODフジテレビオンデマンド無料キャンペーン実施中

-NHK

Copyright© ライフば〜す , 2019 All Rights Reserved.