NHK

NHK受信料の断り方で立花孝志が支持される理由とその秘密

更新日:

NHK受信料断り方を参考にするとき、立花孝志氏の話しはとても助かることが多いです。立花孝志氏はどういった人物であり、そして何故NHK受信料の問題に対する支持が高いのかを知りたいですよね。この記事を読むと、NHKの受信料の断り方を考えるときに立花孝志氏を参考にすべき理由がわかります。

お金大好きば~す君
NHK受信料の断り方のエキスパート立花孝志氏は、どんな人なのだろうか。なぜ、NHK受信料の集金人に立花孝志氏を恐れていて、彼の動きがあればしつこい集金人も即撤退するの気になるよね。立花孝志氏が支持されている理由とどんな人が教えて欲しいなぁ。

ば~す君は、損得にとても敏感な生物で常にメリットがあるかを鋭い嗅覚で嗅ぎつけるライフば~すの住人です。また、当サイトはNHKを見ているのに受信料を払わない方法を説明していません。

NHK受信料の断り方とえいば立花孝志といわれる理由


NHK受信料の断り方といえば、立花孝志氏の意見を参考にする人も多くいます。なぜ、NHK受信料の断り方について立花孝志氏の意見を参考にするかというと、立花孝志氏は、元NHKの職員であり内部告発を機にNHKを退職しています。そのため、NHKに関する対策と知識が豊富であることや、NHKから国民を守るという考えを持っていることが、人々から支持される理由となっています。

また、NHKの職員や、受信料の委託徴収員の多くは、立花孝志氏の存在を全員が知っていて、「立花さんに電話で聞いてみます。」というと、NHK受信料の委託徴収員が帰ることもあります。このように、立花孝志はNHKや委託徴収員から一目置かれている存在になっているのです。NHK受信料の断り方が曖昧なためしつこい徴収員の場合は、実際に立花孝志氏に電話をすることで、代わりに対応してもらえます。

NHK受信料の断り方の知識がない人や徴収員の訪問を不安に感じる人からは、立花孝志氏はたくさんの支持を集めています。この他にも、立花孝志氏はNHK撃退ステッカーなどを無料配布しており、このステッカーを玄関前など見える位置に張っておくことで、徴収員の訪問を未然に防ぐことができる場合もあります。様々なNHK撃退方法などをウェブ上などで後悔していることからも、NHKのことなら立花孝志と言われている理由の一つです。

NHK受信料の徴収員が訪問してきた際に、一般人が、実際に立花孝志氏に電話をして対応してもらっている動画もYouTubeなどに上がっています。このような動画によって、NHK受信料の断り方なら立花孝志氏と認識されているということも十分考えられます。更に、動画内で悪質な訪問をしたNHK受信料の徴収員を逮捕したことなども、立花孝志氏への信頼度が上がった要因だと言えるでしょう。

NHKの受信料の断り方で有名な立花孝志とはどんな人か


NHK受信料の断り方で有名な立花孝志氏はどんな人かその経歴が気になるところです。立花孝志氏は、どういった人物なのかというと、元々はパチプロとして生計を立てていました。立花孝志氏のウェブ上にも、パチプロとして年収2,000万円稼いでいたと豪語しています。また、立花孝志氏がNHKの元職員であったことも事実です。

しかし、2005年に週刊文春にNHK側の不正経理を立花孝志氏が内部告発し、後に退職しています。そして、不正だらけのNHKに立花孝志氏が不満を抱き、NHKをぶっ壊すという考えに至ったということなのです。立花孝志氏は、NHKから国民を守る党を結成しており、そのキャッチコピーは「NHKをぶっ壊す」です。このNHKから国民を守る党の主張としては、NHKに不正が多すぎることや、NHK職員の給料が高すぎる事、更には、NHKの経費の使い方の問題なども主張しています。

この国民を守る党の政党では、先ほども説明した、NHK撃退ステッカーを無料配布しております。このシールを自宅など目立つところに貼ることで、NHK受信料の集金人が来なくなったり、受信料の未払いで裁判を起こされる可能性を減らすことができると主張しています。この政党を立ち上げる前は、NHKの訪問で困っている場合は立花孝志氏に電話をすることで代わりに対応してもらうことができました。

しかし、NHKから国民を守る党が結成されてからは、立花孝志以外にも対応してくれる人が増えたということも特徴の1つです。そして、NHK受信料を払わなくていい方法などをサポートしてくれるのです。また、立花孝志は、Youtubeなどでも、NHK受信料の断り方やNHKの内部事情について詳しく解説しています。このように、立花孝志は一般市民をNHKから守る活動をしているのです。

どうしてNHK受信料の断り方を立花孝志はサポートするのか


NHK受信料の断り方のサポートを立花孝志氏が積極的に行っている理由は、なぜでしょうか。立花孝志氏が、そのNHK受信料の断り方をサポートするのには、深い訳があります。もちろん、一般市民を守りたいという理由もありますが、もう一つの大きな理由としては、NHKを崩壊させることなのです。NHK内部の不祥事告発事件の際から、立花孝志はNHKに対する不信感と不満は持っていたと発言しています。

その後も相次ぐ不祥事騒動があるNHKに対して、立花孝志氏の怒りが爆発したのでしょう。視聴者がNHKの受信料を払湧ければ、NHKにも経済的なダメージがありますので、それを狙っているとも考えることができます。立花孝志氏がNHK受信料の断り方をサポートする理由はもう一つあります。それが、NHK受信料の断り方をサポートすることを職業としていることです。

NHKをものすごい勢いで批判することで、同じような考え方を持った人から寄付金やカンパ金を募っています。しかし、NHKの委託徴収員の訪問に不安を感じている人からすると、心強い味方となります。これはビジネスにおける需要と供給の関係になるのです。そのため、WEBやYouTube上でNHKを批判し、自分を宣伝しているとも言えるでしょう。

立花孝志氏は、NHKを崩壊させることNHKから国民を守るというビジネスをしているともいえます。このことを理解していない人の中には、立花孝志氏はとても胡散臭いという人もいます。確かに、立花孝志氏はNHK受信料の断り方を紹介したり、裁判を起こしたりしていますが、実際どのようにしてNHKをぶっ壊すのかを明確にしていないのです。

更に、立花孝志氏は参議院選挙を視野に入れ、知名度を上げることを目的としているとも考えることができます。また、立花孝志氏はワンセグ裁判やレオパレス裁判などを起し、知名度上げることで視聴者や国民からの支持を集めて、選挙に挑むという動画も公開されています。

NHK受信料をどのような断り方で突破できるかを立花孝志は考えている実例


NHK受信料の断り方で、立花孝志氏が推奨しているのは、「どうぞ裁判をしてください」という姿勢です。立花孝志氏とNHKの裁判では、NHK受信料の契約は、裁判で判決が下った時点で成立するという判決が下りました。つまり、裁判官からNHKと契約することを命じられた瞬間に契約が成立するということです。そのため、自宅にNHKの徴収員が訪問してきて、契約をさせようとしてきても、裁判をしてくださいと言うことで、撃退することができるのです。

もう一つのNHK受信料の断り方は、「お帰りください」とひたすら言い続ける方法です。NHK受信料の委託徴収員が懲りずに訪問してきた際には、「お帰りください」というセリフしか話さないことを立花孝志氏は推奨しています。というのも、「お帰りください」という言葉には、「あなたの訪問をこちらは拒否します」という意味が込められています。

家主が訪問を拒否したにも関わらず、その場に留まった場合には、刑法130条の不退去罪が適用されます。しかし、ここで一言でもNHK受信料の集金人の質問にこちらが答えてしまうと、相手の訪問を認めたことになってしまうため注意が必要だということも、立花孝志氏は主張しています。更に、NHKから国民を守る党が配布している、NHK撃退ステッカーを玄関に張っておくことも、NHK受信料の断り方として推奨しています。

NHK受信料の徴収員は、立花孝志氏という人物を極端に嫌う傾向がありますので、撃退シールだけでも十分な効果が得られる場合もあります。万が一、NHK撃退シールを貼っていても、しつこく訪問してくるNHK受信料の徴収員がいるのであれば、シールに記載してある電話番号へ電話をして、電話越しで代わりに対処してもらうこともおすすめしています。

【気になるNHKタイトル】

FODフジテレビオンデマンド無料キャンペーン実施中

-NHK

Copyright© ライフば〜す , 2019 All Rights Reserved.