NHK

NHK受信料の断り方次第でしつこい集金人がまた来るか決まる

更新日:

NHK受信料断り方しだいで、しつこい集金人が再び自宅へ訪問してくるかもう来なくなるか決定的な要素があることをご存知でしょうか。NHKの訪問員はとても頻繁に何度も訪れてくるイメージが強いですが、それにはそれなりの理由があるためです。この記事を読むと、NHKの受信料の断り方しだいでしつこい訪問員がもう来なくなる理由とその方法がわかります。

お金大好きば~す君
NHKの受信料の断り方によって、しつこい訪問員が自宅に来なくなる方法があるのかぁ。じゃあ、何を基準としてNHK受信料の集金人は、世帯主の断り方を見てこの家には今後も行こうか辞めようかを判断しているのかぁ。

ば~す君は、損得にとても敏感な生物で常にメリットがあるかを鋭い嗅覚で嗅ぎつけるライフば~すの住人です。また、当サイトはNHKを見ているのに受信料を払わない方法を説明していません。

NHK受信料の断り方次第でしつこい集金人がまた来る理由


NHK受信料の断り方次第によって、しつこい集金人がまた来る理由について詳しく説明していきます。NHKの放送受信契約を結んでいない未契約者の自宅もとには、NHKに業務を委託された地域スタッフ(いわゆる集金人)が受信料契約業務のために戸別訪問を行います。NHKの受信料契約業務とは「テレビなどの受信機の有無を確認し、受信機を所持、設置していた場合は契約書を訪問先の方に記入してもらい放送受信契約を結ぶ」というものです。

このNHKの集金人である地域スタッフは一度簡単な断り方をしても、1年に数回程度の間隔で「受信機を所持、設置していなかった方の受信状況に変化がないか」を確認しに自宅まで訪れます。これ自体は、NHKが委託をする際に指示を出していることですので全くおかしいことではありません。

しかし、NHKの集金人である地域スタッフの中には毎月、ひどい場合は数日ごと、さらには深夜の時間帯など、かなり頻繁にしつこい訪問を繰り返す者がいます。なぜ、一部のNHK受信料の集金人らは、これほどまでにしつこい訪問を繰り返すのでしょうか。その原因を探るためには、まずは自身のこれまでの対応を振り返ってみる必要があります。

まず、その原因の1つとして考えられるのは「居留守」です。居留守を使っていると、NHK受信料の集金人にバレてしまった場合はもちろん、居留守が成功し相手に留守だと思わせることができたとしても「留守みたいだから日を改めてもう1度来よう。」となってしまいます。居留守は根本的な対策にはならず、また次の訪問時に居留守を使わなければならない繰り返しにしかなりませんので得策ではありません。

2つ目はすでに嘘がバレてしまっている場合です。受信料を払いたくないばかりに「自宅にテレビがない」などと嘘をつく断り方をする人もいますが、地域スタッフにバレてしまっている場合は頻繁に訪問してなんとか契約に取り付けようとするのは当然です。地域スタッフは日夜地域の戸別訪問に歩き回っていますから、前を通りがかったときにテレビの音が漏れていたなんて事があれば嘘に気づいてマークしてくる場合があります。

NHK受信料の断り方で世帯主が居ない理由はしつこい集金人の的になる


NHK受信料の断り方として、世帯主が居ないという理由で返答していると、しつこい集金人のターゲットとなってしまいます。NHK受信料の集金人である地域スタッフに対する対応に問題があるケースについて、いくつか例をご紹介しました。しかし、中には自身に過失が無いにも拘らずNHK受信料の集金人がしつこく戸別訪問をしてくるというケースもあります。

その1つが「世帯主が居ないのでNHKの受信料契約はできません。」という断り方をした場合です。旦那さんが家計を管理しているため、奥さんが勝手に契約や受信料の支払いはしないというご家庭もあります。しかし、この対応によってNHK受信料の集金人地域スタッフの戸別訪問がしつこくなるといったことが起こる可能性もあるのです。

民法761条に夫婦の一方が日常の家事に関して第三者と法律行為をしたときは、他の一方は、これによって生じた債務について、連帯してその責任を負う。と定められています。平成22年に東京高裁で行われた裁判において、NHKの放送受信契約はこの条文に該当するものであるという判決が出ています。そのため、「世帯主でなくてもとにかくNHK受信料契約をとりやすい方に契約してもらえばいい」という姿勢でしつこい訪問を繰り返す地域スタッフが増えています。

NHKの受信料契約を断るときに弱気な断り方やあいまいな断り方をすると、NHK受信料の集金人はしつこい戸別訪問をすれば奥さんから契約を取れるのではないかと見られてしまいます。戸別訪問の対応を旦那さんに任せたい場合は、はっきりと「私は世帯主ではないのでNHKの受信料契約しません。休日の午前中なら夫がいますので改めてお越しください」などと断りましょう。

しかし、NHK受信料の集金人から「奥様でも受信料契約できますので契約してください。」などといわれることもあるかもしれませんが、「私には分かりません。」や「できません。」という濁した言葉ではなく、きっぱりと「しません。」と言い切る断り方が大切です。

NHK受信料の断り方でしつこい集金人が来ないようにする方法


NHK受信料の集金人のしつこい戸別訪問の断り方として効果的な方法として、受信設備自体を自宅から破棄してしまうことも有効です。自宅から受信設備を破棄し破棄したことの証明をしてしまえば、NHKとの放送受信契約を結ぶ義務がなくなってしまうのでNHK受信料契約をする必要はなくなります。ただ、この断り方は受信機を所持、設置していた未契約者の方にしか使うことのできない方法です。それに加えて受信機を設置していた期間分の受信料は請求される可能性があります。

他の方法としては、玄関に「セールスお断り」などのステッカーを貼っておき、問答無用で対応の一切合財を拒否してしまうことです。NHK受信料の集金人である地域スタッフも仕事でやっていますから食い下がってくるでしょう。それでも「セールスなど営業の方には対応致しません。対応を丁重にお断りしますので帰ってください。」とだけ何度も何度も言い続けてしまいましょう。

NHK受信料の集金人の地域スタッフも食い下がっても全く対応してくれない人に対して、いつまでも時間を浪費しても仕方ないと諦めることでしょう。しつこい地域スタッフ相手ですから、うんざりして手早く済ませたいと思うのも無理はありません。しかし、こちら側が嘘をつくことだけはやめましょう。地域スタッフも人間ですから、嘘がバレてしまった場合はそれなりに強行な姿勢でNHKの受信料契約を迫ってくることが考えられます。

それ以前に、嘘をついてNHK受信料契約の義務から免れることはこちら側が詐欺行為にあたります。そのような危険を冒すのであれば、始めからNHK受信料の集金人を門前払いにして取り合わないほうがはるかに良策です。NHKの訪問者に対して対応する義務はありませんから法律にも違反しませんし、NHKに拘らず飛び込みの営業は対応自体を断られることは日常茶飯事です。嘘をついたり感情的に対応してしまうよりは反感を持たれることも少ないでしょう。

NHKの受信料の断り方でしつこい集金人への対応をこちらが手荒に接することは間違い


NHK受信料の断り方をインターネット上で調べると、しつこいNHKに対して反感を持っている方が地域スタッフや職員と壮絶な口論を繰り広げている動画を見かける機会があると思います。NHK受信料の集金人である地域スタッフの中には、真夜中の夜遅くにも拘らず平気で訪問してくる非常識な者や、テレビが無いと対応したのに頻繁に訪ねてくる者なども多くいます。

そんなNHKの地域スタッフに対して、一言ガツンと感情的に言ってやりたいという心情はあるものですが、あまり得策とはいえません。冒頭の繰り返しになりますが、地域スタッフはNHK本体のスタッフではなく外部委託先の社員です。強く物を言ってみたところで、言った相手は何の権限も持たない末端の人間です。そのスタッフに問題があるとされれば、また新たなスタッフを補充するだけの話ですから根本的な解決にはなりえません。

それならば「何度来ていただいてもこれ以上の対応はいたしかねますので、しつこい訪問はやめて下さい。」と冷静にきっぱりと断って対応時間を短くする方が有意義です。また、NHKの地域スタッフの中にはかなり悪質なスタッフがいるのも事実です。放送受信契約の内容を正確に説明せずに詐欺まがいの契約業務を行った者もいます。

そして、若い一人暮らしの女性の住むアパートに戸別訪問をした際に強制わいせつをはたらいた者、戸別訪問を通じて顧客から入手した個人情報を盗みNHKの営業センターを脅迫した者など犯罪者もでています。あなたが感情をぶつけた先がそのような危ないスタッフである可能性も捨て切れません。のちのち面倒ごとや厄介ごとに巻き込まれないためにも感情的に接するのは控えましょう。

【気になるNHKタイトル】

FODフジテレビオンデマンド無料キャンペーン実施中

-NHK

Copyright© ライフば〜す , 2020 All Rights Reserved.