NHK

NHKの受信料解約をすると返金まで丁寧にしてくれる真実

更新日:

NHK受信料解約をするときには、返金が来るかどうかを事前に調べておく必要があります。NHK受信料の解約をめぐって必要事情に払わなくても良かった受信料金を多めに支払っていた場合には、解約時に返金手続きをスムーズにしてくれます。NHK受信料解約は、条件さえクリアしていれば案外スムーズに手続きが進みますが、返金対象の有無はどういったポイントで確認するのかをご紹介していきたいと思います。

お金大好きば~す君
NHKの受信料契約を解約するときって、過払いがあった場合には即座に返金してくれるんだねぇ。NHKって条件さえクリアしていれば案外どんな場面であっても業務的な印象を受けます。そのため、返金処理であってもNHKの処理は早いんだなぁと感じましたが、そのコツや返金がいつされるのかについて教えて欲しいな。

ば~す君は、損得にとても敏感な生物で常にメリットがあるかを鋭い嗅覚で嗅ぎつけるライフば~すの住人です。また、当サイトはNHKを見ているのに受信料を払わない方法を説明していません。

NHK受信料の解約は少し手間だけど返金手続きは早い


テレビ放送を受信できるテレビなどの機器を持っていたり購入したりした場合には、必ず支払わなければならないのがNHKの受信料となっています。NHKとの受信契約は、テレビ放送を受信できる受信設備を設置したら必ず契約しなければならないという法律がありますのでそれに従わなければなりません。テレビ放送を受信できるテレビなどの受信機器があるかぎり、基本的には受信料の解約することはできません。

このような受信設備の機器を所有していない場合は、NHK受信料を支払う義務はありません。また、引っ越し先が実家となる場合には、実家がNHK受信料の支払いを行っている時のみ追加で新たに受信料の支払いとなる義務はありません。上記の内容をお読みになって解約対象に当てはまる場合には、NHKへ電話で問い合わせしてその受信料の解約することができます。

NHKへ電話をかけるとオペレーターに繋がりますので、受信料の解約の旨と受信設備が無い状態であることを説明しましょう。そして、電話先で必ず聞かれるのは、NHKのお客様番号になりますので手元に用意しておきましょう。NHKお客様番号は、更新契約などで送られてくるハガキに記載されています。続いて契約者名、電話番号、現在のお住まいの住所が聞かれますので、NHKのオペレーターに聞かれた通りに答えましょう。

また、後に問題が発生しないためにも契約者本人が電話をかけることが大切です。NHKのオペレーターからも説明をされますが、オペレーターに聞かれた内容に問題がない場合はNHK受信料の解約したあとの残りの金額は1か月前後で振り込みにて返金されます。NHK受信料の返金方法では重複した分は払い戻しされますが、前払いの月数または残りの月数から精算を行いますので返金額に気をつけましょう。

この時の注意点は、返戻しを行う場合はNHKに申し出て受信料解約の手続きをした月からとなりますので遡及返金はできません。NHK受信料を解約したい場合は環境が変化する前に行うことが大事になります。

NHK受信料解約時における返金を受けるための名義と口座条件


それでは、NHK受信料を解約する場合の返金方法について解説していきます。NHK受信料の解約する場合というのは、自宅にテレビ放送を受信できるテレビなどの受信機器が無い場合や引っ越し先がNHK受信料を支払っている場合に限られます。受信できるテレビなどがあってもテレビを見ない場合には、しっかりと事前にテレビを撤去してからNHK受信料解約するほうがスムーズにいきます。

ごく稀ではありますが、NHK訪問員が受信器を本当に置いてないのかと確認のために自宅に来る場合もありますので、テレビが無いことを証明するために予め撤去しておくことをおすすめします。NHK受信料は支払い方法が様々あり、原則は前払い扱いになっています。NHKには2か月、6ヶ月、12ヶ月分という料金という支払い方法の形になっています。

NHKの料金は1度に多く支払うことで若干ではありますが、割安になります。通常のNHK受信料契約以外にBS衛星放送やケーブルテレビを同時に加入した場合も割引対象になります。NHKの受信料を前払いした後に途中でテレビを処分することになったり、引っ越しすることになったりした場合や、日本国外へ引っ越しした場合は受信料を支払わなくて良いので、NHKに連絡して手続きを行います。

また、NHK受信料の解約にともなって返金手続きをしてもらう場合はNHK契約の名義人と口座の振り込みの名義人が同じであることが原則になります。受信機器がないことの確認をNHK側がしっかりと取れたら、今まで支払い方法が口座引落の場合は同じ口座に返金額が返金として振り込まれます。

NHKの受信料解約時には過払い金があるかどうかをこのようにチェック


続いて、NHKの受信料解約時に過払い金があるかどうかのチェックの仕方をお伝えしていきます。まずはじめに自分自身がNHK受信料の免除規定の対象者になっていないかチェックしてみましょう。NHK受信規約には、NHK受信料の一部または全額を免除する規定があります。そこに自分自身が該当する場合は、NHKに届出をすることによって一部または全額が免除されます。

MHK受信料の半額免除の対象者は一家の世帯主が身体や精神、知的障害者であること重度の戦傷病者であることといった障害を持っている場合に適用されます。障害を持っている場合は、市区町村の障害福祉課または福祉事務所などで受信料免除申請書を受け取って一家の世帯主が申請者となり、渡された免除申請書の必要事項を記載して最寄りのNHK各地方放送局に郵送します。

その手続きを行うことによって受信料納付の免除が認められます。 NHK受信料の全額免除の該当者は、学校で使用している受信機器、そのほか、世帯全員が生活保護世帯に該当されている場合、市町村税非課税世帯の場合、災害被災世帯の場合、重度の身体や精神、知的障害者、社会福祉事業施設の入所者の場合が対象となっています。 上記の対象者の場合は申請することによって返金されますのでNHKにお問い合わせして手続きを行います。

また、BS衛星放送の受信機が無いにも関らず衛星放送分の料金をNHKに受信料を養分に支払っていたというケースもあります。それはNHK受信料の過払いに値しますので気づいたらすぐにNHKにお問い合わせして、その受信料の解約手続きを行います。NHKの受信料支払いは6月と12月の年に2回となっていますので、NHK受信料の更新月がどちらになっているか確認を行った上で返金額の計算をNHKのオペレーターに料金計算をお願いしましょう。

過払い金が分かってNHK受信料解約のときに返金してもらう交渉方法


もしNHK受信料の過払いがあったことがわかって解約するときに返金してもらう方法としては、一般的に電話または郵送で手続きを行います。NHK受信料を解約することがわかった時点で、NHKへ過払いがあったという連絡を事前に入れることで後にトラブルもなくスムーズに解約と返金をしてもらうことができます。ここで注意しておきたいポイントは、放送法第64条のNHK受信料の契約です。

法律ではNHK受信料を支払うことを義務にしていますが、罰則に関して記載はされていません。今までに何度も断固としてNHKの受信料の支払いを断り続けて裁判となった事例がいくつもありますが、ほとんどの場合は敗訴しています。それだけにNHKの受信料は支払いの義務があるという認識を持たなくてはなりません。

また、NHK受信料の支払いを拒み続けた結果、自宅に受信機を設置し日まで遡ってNHKから受信料の支払いを求められることもあります。さらに世帯主、住民が亡くなった場合にNHK受信料の解約をしていなかった場合も請求され続けます。実は親戚が亡くなって、その家がさら地になっていたとしてもNHK受信料の請求料金は発生し続けていたということが実際にありました。

そのため、身内が亡くなった後はすぐに親族がNHKの受信料契約解除の連絡を行わなくてはなりません。特にNHKの受信料契約していた世帯主、住民が一人暮らしの場合によくある話です。NHK受信料契約者が解約せずに亡くなっていたことを知らずに受信料が引き落とされていたといったケースが実際にはあります。その場合は、すでに亡くなっていることをNHKへ証明することでNHK受信料の解約をすることができますので過払い金の対象となり返金されます。

身内が亡くなった後その自宅に誰も住んでいないことと、テレビをしっかりと処分したことなどをNHKへ証明することで、亡くなった日、住まなくなった日を解約月として換算して手続きを行います。亡くなっていることを証明できるものを提出して手続きをすることでNHK受信料の解約の届出と過払いとなっている金額分の返金が受理されます。

【気になるNHKタイトル】

FODフジテレビオンデマンド無料キャンペーン実施中

-NHK

Copyright© ライフば〜す , 2020 All Rights Reserved.