NHK

NHK受信料は解約しないと死去後でも請求が来る衝撃の真実

更新日:

NHK受信料は、速やかに解約していないと死去後でも請求がくることがあるのをご存知でしょうか。例えば、親族の誰かが死去してしまいその身内の人が無くなってしまった親族のNHK受信料契約の支払い義務を相続するという状況に直面し、ある日突然にNHKから受信料の請求が来たりします。

さて、どうしてNHK受信料契約をしていた親族が死去すると、その受信料の請求が相続人へ来るのでしょうか。この記事を読むと、死去してしまった親族のNHK受信料契約の請求がなぜ相続人へ来てしまうのかその仕組みを理解することができ、その対処方法が分かります。

お金大好きば~す君
ちょっと~、NHK受信料契約をしていた身内の人が死去してしまって何故か自分のところにNHKから請求が来たのだけれど、納得いかないなぁ。なぜ、無くなってしまった身内の契約内容が死去後でも解約処理されずに、請求だけが発生するのだろう。

ば~す君は、損得にとても敏感な生物で常にメリットがあるかを鋭い嗅覚で嗅ぎつけるライフば~すの住人です。また、当サイトはNHKを見ているのに受信料を払わない方法を説明していません。

NHKは受信料を解約しないと死去後から解約成立までの期間ずっと請求が来る事実


Twitterなどのインターネット上で「死去して何年も経った今はなき母親宛てに、NHKから受信料未払いの多額の督促状が届いた。」というウェブ投稿が話題になりました。このツイッター投稿では、既に母親が死亡して現在その家に誰も住んでいないにも関わらず、NHKから受信料の請求があったとのことでした。年老いた親と別居している方にとっては、この事例は他人事ではありません。

親が死去してから、家の片づけや葬式の準備などでバタバタしていると、NHKの受信料の契約解除のことなど意識することはないでしょう。親の死去後、忘れたころにNHKから受信料の請求が母当て(相続人へ)来るという事実があるということを示す衝撃的なツイッター投稿でした。詳しい話の内容によると、NHKは契約者の死去後から受信料解約成立までの期間の受信料を請求してきたそうです。

基本的にNHKの受信料の解約は自動的に行われることはなく、解約成立するためには、こちらからNHKに連絡して受信料の解約手続きをし、NHKにその解約理由をしっかりと認めてもらわなければなりません。死亡した契約者の家族が解約手続きをしていなかった場合、ずっと請求が来る事実があり、最大5年分の受信料と延滞料金を支払うことになる可能性があります。

現行の法律上では、受信料債権の消滅時効は5年となっていますので、5年分以上はNHKの受信料を支払うことにはなりません。しかし1年で1万5,720円、5年分で7万8,600円にNHK受信料の延滞料金が加わると、決して安い金額ではありません。また、NHK側へ身内の死亡通知を示しても、そこから遡って死去後からNHKの受信料の解約成立までの料金を請求された事例もあります。

自分と別の家に住んでいるNHKと受信契約をしている親族の方が亡くなった場合、その家族は迅速にNHK受信料契約の対処をしなければ、見てもいない受信料を半永久的に請求されてしまいます。別の場所でくらしている家族が亡くなったら、すぐにNHK受信料の解約をすることを覚えておきましょう。

遺族が死去した後でも解約しないとずっとNHK受信料の請求が来る理由


家族が亡くなってすぐにそのNHKの受信料契約の解約手続きをしないと、契約者の死去後から解約成立までの期間、NHKの受信料を半永久的に支払わなければならなくなるかもしれません。NHKと契約している家族が死亡したら、NHKにすぐに連絡し、死亡通知を送って解約手続きをとることが大切です。しかし、なぜ死亡した後もNHK受信料の請求が来るのでしょうか。

その理由は、NHKの受信料の契約方法に関係しています。放送法によって、放送を受信することのできる設備であるテレビなどを持っている人はNHKと受信料契約をしなければなりません。テレビを持っていると、NHKは強制的に放送してサービスを提供してきます。そのため、NHK受信料契約者が死亡しても、解約しない限り永久にNHKの受信料を請求してくるのです。

ちょっと驚きの事実ですがNHK受信料の解約をせずに遺族が死去後に銀行口座が凍結し、クレジットカードも停止した場合でも、NHKは請求書を郵送してきます。通常のサービスなら、銀行口座引き落としやクレジットカード決済で支払っていた場合は、親族が死亡したことを銀行やカード会社に連絡し手続きすることで、支払いが止まります。

また、銀行に身内の死亡の連絡をすると銀行口座が凍結されます。銀行口座が凍結されれば、クレジットカードなどを解約する必要があります。携帯電話や光熱費などは、例え解約手続きを行わなくても、料金を支払わなければサービスが使えなくなります。そして、身内などもその死亡を知らなく、孤独死してしまった場合にも支払いが途絶えるとその請求も自動的に停止するのが一般的です。

一般的な料金の支払い請求は、サービスを求める者からだけその料金を得ているため問題になることがないのです。NHKはサービスを求めてない者にも、強制敵にサービスを提供して受信料を得るために、死亡した者にも請求するというおかしなことが起こるのです。

親族が死去したときの受信料についてのNHK側の考え


NHK側はTwitterの投稿が話題になった時に、契約者の死去後から解約成立までの間の受信料は請求するという方針を示しています。NHKの受信料契約者の死亡と一人暮らしであることをNHK側へしっかりと証明できれば、死亡した月で受信料の解約扱いになるという噂もありますが、契約者の死去後から解約成立までの間の受信料は請求するという方針を示している以上、解約手続きは忘れずに行っていた方がよいでしょう。

NHK受信料解約の手続きを忘れていた場合、死亡した契約者の家族にとっては、死去後のNHK受信料も請求されることに納得いかないでしょうが、それらの請求を拒否した場合はNHKに訴訟をおこされる可能性がわずかながらあります。NHKが受信料未払いの者に対して訴訟を起こしたのは、2006年度から2017年度の合計11年間で9,042件と1年あたり822件の訴訟件数です。

NHKの受信料の未払い世帯は今や900万を超えるといわれていますので、受信料の未払いでも裁判で訴えられる確率は0.009%です。NHKは受信料未払い者に対するほとんどの裁判で勝訴しています。テレビを持っていると、NHKと受信契約をするのが義務になるので、その受信料を途中から滞納して訴えられるとこちら側が高い確率で敗訴するのです。

しかし、NHKの受信料契約者本人の未払いではなく、死亡した契約者の相続人となると、その条件は変わってきます。NHK受信料契約者の死亡時点で、一般的には電話料金や電気料金などの公共料金と同じく自動的にNHKの受信料契約が終了するという考え方もあります。しかし、相続人は死亡者の負債であるNHK受信料を相続する義務があるので、訴訟になったら勝てるかどうかはわかりません。

NHKは何度も訴訟を起こして勝訴していることから、NHKが勝てる裁判を選んで行っていると考えられます。相続人に対して訴訟を起こされる可能性は低いですが、心配をしながら請求を無視するよりは、正しい対処方法をとっておく方が安心です。

NHK受信料の解約で親族が死去したときの対処方法


死去後から解約成立までの期間のNHKの受信料を支払わないためには、親族が死去してから速やかにそれらの問題に対処する必要があります。親族であっても相続人でないなら、そのNHK受信料契約を引き継ぐ義務はないので、基本的には何もする必要はありません。しかし、死亡してしまったNHKの受信料契約者と同じ住居に相続人が住んでいるなら、NHKから相続人宛てに受信料の請求書が届きます。

無視してもよいですが、届いて気分のよい物ではないので、郵便局で死亡者あての郵便物の受け取り拒否をしましょう。法律上は死亡者の郵便物を受けた場合は、郵便局へ返却し、誤配達であることを通知しなければなりません。また、これらの郵便物を開封してもいけません。上記のような状況でNHKから来た請求書は「受取拒否」と書いてハンコを押し、郵便ポストに入れましょう。

こうすることで、NHKは受信契約者の所在を自治体へ確認することができ、そのNHK受信料契約者が死亡したことを知ります。自分が相続人なら、そのNHK受信料を支払う義務が生じる可能性が高いです。そのため、身内の死去がわかったら速やかにNHK受信料契約の解約手続きをするべきです。死亡した契約者と同じ住居に住んでいて、テレビを撤去しないなら、受信契約の名義変更の手続きをしましょう。

NHK受信料契約の名義変更は、NHKの公式ウェブサイトからでも簡単にできます。死亡してしまったNHKの受信料契約者の遺族と異なる住居にご自身が住んでいるなら、すぐにNHKに連絡してNHKの受信料の解約手続きの書類を送ってもらいます。NHK本部窓口は電話が込み合っている可能性が高いので、NHKの支所に連絡するのがおすすめです。

受信料の解約手続きのために、死亡通知とテレビを撤去したことを証明する書類をNHK側に要求されることが多いので、事前に準備しておきましょう。親族の死亡が分かった時点でもう不要となったテレビを撤去していれば、法律的にはその時点で解約が成立していることになります。

テレビを撤去していなければ、解約が成立するのは申請してそれをNHKが認めた時点になります。心配な人はNHKがなかなか受信料の解約を受け付けてくれない可能性を考慮して、速やかにテレビなどの受信設備を撤去しておきましょう。

【気になるNHKタイトル】

FODフジテレビオンデマンド無料キャンペーン実施中

-NHK

Copyright© ライフば〜す , 2020 All Rights Reserved.