NHK

NHK受信料で引越し解約忘れの注意点と重要ポイント

更新日:

NHK受信料引っ越し解約をするときには、注意点や忘れないための手順について分かりづらいポイントが数多くあります。そこで、突然どこかへ引越しをしたときや日本から離れてしまう場合についてのNHK受信料の引越し解約について詳しく説明していきます。この記事を読むと、NHKの受信料に関する引っ越し解約忘れの注意点と重要なポイントがわかります。

お金大好きば~す君
NHK受信料の引っ越し解約について、どういった場合には解約ができてどのような時には解約ができないのか疑問だよね。また、場合によっては日本を離れて海外へ長期間行くことになったら、NHK受信料はどうなるのでだろう。その辺を詳しく教えて欲しいなぁ。

ば~す君は、損得にとても敏感な生物で常にメリットがあるかを鋭い嗅覚で嗅ぎつけるライフば~すの住人です。また、当サイトはNHKを見ているのに受信料を払わない方法を説明していません。

NHK受信料の引っ越し解約ができる場所と場合


NHK受信料の引っ越し解約とは、どういった場合と状況に限って手続きが可能なのでしょうか。NHKの公式サイト上での案内によると、一般的な受信料契約の解約条件に該当するケースとされているのが「テレビなどのを受信設備を設置した自宅に誰も住まない状態になる場合や、TVを廃棄したり、またはTVの故障などによって、NHKの放送受信契約の対象となる受信機が自宅から全て無い状態となった場合」です。

つまり、今後自宅などで見るテレビを所有しなくなった場合には、NHKの受信料を正当な理由で引越し解約できることになります。転居先ではテレビを設置しない場合に限り、当然ながらNHKに受信料の料金を支払う必要はありません。また、転居先の住居にテレビなどの受信機がある場合は、引越し解約できないのが基本です。

転居先にテレビがあるのに、引越し解約できるケースがあります。それは、実家などにテレビなどの受信機器が別途あって、既にNHKの受信料を支払っている場合です。既にNHK受信料を払っている実家などに引越すためにNHK受信料を引越し解約する手続きは、まずNHKの公式サイトにアクセスします。

次にNHK受信料の窓口の住所変更項目から、「2つの世帯が1つになる場合」を選んで「世帯同居の手続き」をクリックしてください。移転元の情報や転居先の情報を入力すれば、申し込みが完了します。引越し先でNHKと受信料契約を結んでいるかどうかは、NHKにはすぐに調べがつくことです。引越し先でNHKと受信料契約されていないとわかると、契約のための訪問対象になります。

ここで虚偽の申告はしないように、注意しておきましょう。このNHK受信料の引越し解約の手続きをおこなうのは、引越し元に該当する人です。転居日や引越し元での情報であるNHKお客様番号、氏名、旧住所、転居先の世帯主の氏名、住所、メールアドレスなどの記入が求められます。

NHKの受信料の引越し解約が場所によってできない場合


続いて、NHK受信料の引越し解約が場所によって出来ない場合についてです。これまで住んでいた住居を引き払うときでも、基本的にはNHKの受信料は次の転居先に引き継がれる仕組みです。なお、NHK受信料の支払いがストップせずに、引越し解約できるのは特別な稀のケースとなります。

転居先でNHKの受信料契約をしている場合、2つの世帯が同居するための引越し解約ができますが、転居先の世帯主が自分のみの場合の引越し解約は基本的にできません。NHKの放送受信料契約の対象になれば、転居先にもそのNHKの受信料契約が引き継がれるのです。また、テレビだけでなく、スマートフォンやパソコンにテレビが見れる受信機能が搭載されてあれば、その場合もNHKの受信料契約の対象になります。

これは放送法でしっかりと決められていることだけに、受信機を持っているのにNHK受信料の契約を拒否するのは当然ながら違法です。こうした受信設備を持っていないということを証明する必要も出てきて、NHK受信料の引越し解約は困難です。引越しの際は慌ただしくなることが多いので、転居先にNHKを受信できる設備がない場合でも、引越し解約は転居してからのほうが落ち着いて手続きできます。

焦って、NHKの解約問題がこじれないように気をつけてください。NHK側は、転居先の受信料の契約確認に慎重です。引越し解約をするには、最寄りのNHKに電話をかけてNHK放送受信契約解約届を郵送してもらう必要があります。必要事項を漏れなく記入した解約届が受理されれば引越し解約完了となるものの、転居先でテレビを持たないとは限らずスムーズに解約できケースばかりではありません。

解約届を郵送してもらい、記入した解約届を返送するだけでも時間がかかることも考慮しておかなければなりません。転居先でテレビを受信できる設備を持たない証明は、早めに取っておいたほうがよいでしょう。

国外に長期滞在する時にNHK受信料の引っ越し解約が通る場合


日本国外に長期滞在する場合は、NHKの受信料を支払わなくても良い可能性が出てきます。ただし、NHK受信料の引越し解約が通るケースは、限定されています。それは、世帯全員が国外に引越しする場合です。世帯の誰か1人でも国内に残る場合は、引越し解約できるケースに該当しません。世帯が全員国外に引越す場合、引越し前にNHKの受信料契約を解除しておく必要があります。

日本国外に転居した後は代理人に頼んで手続きしてもらうことになるので、自分達で引っ越し解約手続きを済ませておきたいときは早めに準備しておきましょう。NHK受信料の引越し解約は、1ヶ月前から受け付けています。まずは最寄りのNHKに電話をかけて解約届を郵送してもらい、届いた解約届に漏れなく記入して返送する流れです。記入漏れや間違いがあった場合は、解約届が正式に受理されるまでに時間がかかってしまいます。

引っ越し解約の完了までのスケジュールを予定通りにこなすためには、解約届を間違いなく記入して返送することが大切です。解約届が受理されれば、引越し解約は完了となり、そこでNHK受信料の支払い義務がなくなります。世帯全員が日本国外に長期滞在する場合であっても、引越し解約の手続きに手間取って余計なNHK受信料が発生してしまうこともあります。

日本国外に引越すことが決まったら、余裕をもってNHKの受信料契約を解除する準備を進めるようにしましょう。NHKの引越し解約をする正当な権利があるケースですから、期間内に間違いなく手続きをすればスムーズに解約できます。半年払いや年払いなどの前払いをしていた場合は、手続き後からの月分が国内の銀行口座に返金されるので安心してください。

海外に長期滞在する時にNHK受信料の引っ越し解約が出来ない場合


日本国外に長期滞在する場合でも、NHK受信料の引越し解約ができないケースがあります。それは、上述してた世帯全員が国外に転居しないケースです。単身赴任などで海外に長期滞在する場合、海外留学する場合など、世帯に残る人がいるならNHKの受信料を支払い続ける必要があります。独り暮らしで世帯主としてNHKの受信料を払ってきた人でも、国外に長期滞在するにあたって実家に住所を移す可能性があるでしょう。

この場合は、実家でNHKの受信料を払っていれば「2つの世帯が1つになる場合」の引越し解約となります。国外に長期滞在するにあたって、実家以外の世帯に住民登録するケースがあります。この場合に気をつけておきたいのは、転居先の世帯がNHKの受信料契約をしているかどうかです。もしも、NHKの受信料契約をしていない場合は、転居先の世帯がNHK受信料契約を求められることになります。

もちろんNHKを受信できる設備がある場合に限ってですが、放送受信できるにもかかわらず受信料を支払っていないなどが判明する可能性もあります。そうなると、転居先の世帯の一員となる転居元の契約者の引越解約が難しくなるでしょう。国外への引越しは、国内で引越しをするときより負担が多くなります。NHKの引越し解約がこじれて、国外への引越しに影響を与えてしまうと大変です。

NHK受信料の引越し解約は1ヶ月前から受付ていますから、早い段階で手続きをスタートすることをおすすめします。引越し解約できない場合には、受信料が引き続き発生します。その際の支払いについても、しっかり検討しておきましょう。

【気になるNHKタイトル】

FODフジテレビオンデマンド無料キャンペーン実施中

-NHK

Copyright© ライフば〜す , 2019 All Rights Reserved.