NHK

NHK受信料解約の手続きと空き家なのに請求される理由と対処

更新日:

NHK受信料解約手続きをしないと、空き家の物件の分までNHKから突然請求が来ることがあるのはご存知でしょうか。ガスや水道などのような公共料金では、世帯主が不在となって料金の支払いが途絶えてしまった場合にはガスや水道が使用できなくなって自動契約解除となることが一般的です。

しかし、NHK受信料の契約は公共放送であるのに世帯主が不在となって支払いが途絶えた場合、その空き家の親族に受信料の請求が突然やってくることがあります。この記事を読むと、NHK受信料の解約の手続きを空き家となった親族の物件の分をすみやかに行う必要がある理由が理解できます。

お金大好きば~す君
NHKの受信料って、親族が無くなったりして空き家となった物件に対しても解約手続きがされていない場合にはその親族に受信料の請求が来ると知って驚いたよ。NHK受信料の契約はしっかりと解約手続きをしないと、その契約自体が亡くなった人から親族の相続人に相続されるから受信料請求が来るんだね。とても厄介だから対処方法を教えてよ。

ば~す君は、損得にとても敏感な生物で常にメリットがあるかを鋭い嗅覚で嗅ぎつけるライフば~すの住人です。また、当サイトはNHKを見ているのに受信料を払わない方法を説明していません。

NHKの受信料解約の手続きは空き家でも必要となる場合と自動解除される場合の違い


公共放送として評価されているNHKの番組は、国民から受信料を徴収して経営を成り立たせています。そのためテレビの電波を受信しているとお金を支払う義務が発生して、毎月一定の金額をNHKへ支払わなければいけません。実際に世帯主とその家族が生活している家に対してNHKの受信料を請求するのは分かりますが、空き家に対しても請求される場合があります。

以前家族など身内の人が住んでいた物件は、しっかりとNHK受信料の解約手続きをしないと、空き家でも解約が完了するまでの間だけ請求されてしまうので注意しなければいけません。人が住んでいなければテレビを見る人もいないのだから、現金を支払う必要もないと普通は考えます。

しかし、NHKの受信料解約は違っていて、たとえ住んでいる人が今現在いなくても、受信できるテレビなどの設備があれば世帯主から受信料を請求できると決めています。法的にもそのような権限を持っているため、空き家でも未だにNHK受信料の解約手続きをしなければいつまででも請求されます。また、NHKの受信料が自動的に解約されるケースもありますが、殆どの場合はご自身でそのNHK受信料の契約解除の手続きをしないといけません。

請求されているのに放っておくと、支払額が大きくなってしまう場合もあります。住んでいた建物を空き家にする場合は、NHKに連絡して適切な手続きをする必要があります。NHKからの受信料請求が自動解除されるのは、長期間手続きができなかった場合です。例えば住んでいた方が亡くなって親戚も良く分からず、誰に請求すれば良いか判断できないという場合にNHKの受信料契約が自動解除されます。

NHKの受信料は債務として扱われるため、空き家となってしまいその支払いの請求自体ができなければ受信料契約は解除されます。ただ、殆どの場合空き家に住んでいた人には親戚がいるので、自動的にNHKの受信料が解約されるケースは少ないです。身内の人などを含めて住んでいた人が亡くなったとしても、NHK受信料が請求されるため、必要な手続きをしなければいけません。

NHKの受信料の解約手続きが空き家でも出来ない場合はどんな状態の時か


人が住んでいない空き家は誰もテレビを見ないので、NHKの受信料を支払わなくても良さそうだと考えてしまいがちです。しかし、実際はテレビなどの受信できる設備が空き家あると、NHKの受信料の支払い義務が発生するので注意が必要となる場合があります。NHKの受信料解約の手続きそのものは難しくありませんが、早めに空き家の解約を行わないと余計な支払いをしてしまいます。

空き家の手続きをする時はNHKの受信料解約窓口に連絡し、書類などを提出すれば良いだけなので簡単です。NHK側の受信料契約に関するチェック項目に合格すれば解約できますが、上手く行かないとNHK側に解約を認められない場合もあります。NHK受信料の解約手続きで失敗するのは、アンテナが存在している場合などです。屋根の上にあるアンテナは確認しやすく、そういうものがあると認められないことがあります。

建物を空き家にする時に、可能ならばアンテナを取り除いておくとNHK受信料の解約の対応しやすくなります。外から見て簡単に分かる特徴なので、アンテナがなければNHK受信料の解約手続きも簡単に行なえます。ワンセグ機器は場合によっては問題になりますが、使っていないならば認められるケースもあります。空き家にテレビなどの受信機がある場合も、解約を認められないので気をつけるべきです。

空き家であるため、見る人がいないテレビでも部屋の中にあれば、NHKは受信料の解約を認めないため対応がいります。テレビに良く似た製品にパソコンがありますが、パソコンのディスプレイは受信機ではないので問題ないです。ワンセグ機能があるパソコンだとだめですが、そうでない製品ならば受信機でないと認めてくれます。

空き家にテレビがあるとNHKの受信料契約の解約は難しく、アンテナがあった時も正当な理由がなければなかなか認められません。NHKは受信ができる状況があれば、その受信料の支払いの請求をしてくるので対応がいります。

自分や身内の物件が空き家となったらすぐにNHK受信料の解約の手続きをした方が良い理由


何らかの事情で別の建物に引っ越すなどして、空き家ができた時は早めにNHKの受信料解約の窓口に連絡すべきです。その空き家となる物件のNHK受信料契約の解約をしないとお金を請求されるため、解約手続きをすぐに行うのは大切です。なぜ、空き家に対してのNHK受信料解約の手続きを早めに行う必要があるのかというと、NHKの受信料は家ごとに別途請求されるからです。

例えば、以前住んでいた所から引っ越しをして、空き家となっている物件に対してのNHK受信料の解約手続きをしないと問題になります。この場合は以前住んでいた建物の請求と、今住んでいる所の請求を二重に受けてしまいます。親戚などが住んでいてその方が亡くなった時も、早めにNHK受信料の解約手続きをしなければいけません。

驚きの事実ですが、NHK受信料の契約していた本人である世帯主が亡くなっても自動解約にはならず、権利を相続した方の負担になります。もし気づかずにNHK受信料の解約を放置しておくと長期間、その受信料を支払う形になるので気をつけるべきです。NHKの受信料は、自動で解約される場合もありますが、そのようなケースは少なく手続きをしないと殆どの場合において受信料の解約されません。

契約者が亡くなってもNHK受信料は請求されるため、良く考えて対応する必要があります。NHKの受信料を解約する必要があるのは、自動で解約されるケースが少ないからです。空き家となった場合には、すみやかにNHK受信料の解約手続きをしないとずっと請求されるので、大きな負担になってしまいます。NHKには情報を調べる特別な権限があるので、空き家に対して誰が権利を持っているのかすぐに分かります。

親戚が亡くなった時もNHKは親族を調べ、誰に権利があるのか確認して請求してきます。基本的にNHK受信料の請求からは逃げられないので、早めに解約の手続きをして問題を解消するのが大切です。受信料の解約手続きそのものはNHKに連絡すれば良いだけなので、短期間で行なえます。

正当な理由があるのに空き家のNHK受信料解約の手続きがされず住所変更しか対応してくれたい時の対処法


NHKの番組を見るためには受信料の支払いがいりますが、空き家には人が住んでいないので見る人がいません。見る人がいなくてもテレビなどの受信機があると、支払い義務が発生するので解約手続きがいります。手続きはそれほど難しくありませんが、場合によっては上手くいかない時もあります。例えば住所変更のみを認めて、解約ができない時は困ってしまいます。手続きが上手くいかない時は、NHKと交渉すると良い結果を得やすいです。

NHK受信料のトラブルは起こりやすい問題で、簡単には解決できない場合もあります。空き家で誰も住んでいないのにNHK受信料の解約手続きができない時は、自分が立ち会って確認する方法が効果的です。空き家であるのにNHK受信料の解約手続きができない大きな原因は、受信設備が無い状態であるということをNHK側に証明できていないからです。

建物の中にはNHKの職員も基本的には勝手に調査などで入れないため、確認ができないから上手くテレビがないことを証明できていない場合は多いです。受信設備が無い確認は特に難しくなく、アンテナの状態やテレビなどの受信設備がないか調べるだけです。建物の内部に受信設備がないか確認する時は、NHKに連絡して自分も空き家に行きます。

こちらから空き家になった経緯をNHK側に伝えてから建物の中を詳しく調べてもらって、テレビなどの受信設備がないことなどを見てもらいます。受信設備がないと明確に分かれば、NHK側も受信料の支払いの請求はできなくなります。NHK受信料の解約手続きは、書類だけでは上手く行かない場合もあるので注意が必要です。NHK受信料の解約ができない場合は建物の内部を見せて、本当に受信設備がないのを証明すれば認めてもらえます。

空き家まで移動する手間はかかりますが、一度行えば良いだけなので負担は小さいです。NHKの受信料の解約手続きが上手く行かない時は、空き家となった物件んの確認作業をNHK側と一緒にすることによってその問題を解決できます。以上が、NHK受信料の解約手続きと空き家なのに請求が来るときの理由と対処方法でした。

【気になるNHKタイトル】

FODフジテレビオンデマンド無料キャンペーン実施中

-NHK

Copyright© ライフば〜す , 2020 All Rights Reserved.