NHK

NHK受信料の訪問員は引っ越した場合でもなぜわかるのか?

更新日:

NHK受信料訪問員は、こちら側が引っ越した場合でも新居がなぜわかるのか疑問に感じたことがないでしょうか。引っ越したばかりで、片付けや整理も終わっていないのに、NHK受信料の集金人が来ることは珍しくありません。この記事を読むと、どうしてNHK受信料の訪問員がこちらが引っ越した場合でも即座に新居の所在地を特定できるのかが分かります。

お金大好きば~す君
NHK受信料の訪問員って、どうしてこちらが引っ越した場合でもその住所をすぐに特定できるのだろうか。あまり知られていなかったらしいけど、郵便局を利用する際にその原因の一つがあったのね。

ば~す君は、損得にとても敏感な生物で常にメリットがあるかを鋭い嗅覚で嗅ぎつけるライフば~すの住人です。また、当サイトはNHKを見ているのに受信料を払わない方法を説明していません。

NHK受信料の訪問員は引っ越した場合に住所がなぜわかるのか


NHK受信料の訪問員は、こちら側が引っ越した場合に新しい住所がなぜわかるのかという疑問を多くの方が抱いています。まず、NHK受信料は義務だと言われ渋々契約をしたという人も少なくありません。テレビを視聴できる媒体がある以上、NHK受信料契約を解除することは難しく、仕方なく料金を払い続けているという人もいるでしょう。

中には引っ越しをした時にNHK受信料契約の住所変更をせず、そのまま放置すればNHK受信料を払わなくていいと思っていないでしょうか。実のところ、これは簡単じゃありません。本来、引っ越した場合にNHK側に住所変更をしなければ、どこに住んでいるのかさえわからないはずなのですが、なぜかNHKの訪問員が住所変更の手続きをしてくれと来るのです。

「NHK受信料契約の時の住所とは違うのに、新しい引っ越し先がなぜわかるのか!」と、ちょっと恐怖を感じるような話なのですが、それにはちゃんとした理由がありました。NHK受信料の契約を結んでいる状態であれば、例えNHK側にこちらが引っ越した場合の住所変更の連絡をしなくても住民票から辿られてしまう為、引っ越し先の新しい住所がすぐにNHKに分かってしまうのです。

NHK側は、転居者の除票を取得して、受信料契約者が引っ越した場合でも新しい住所を追跡してしまうのです。なぜNHK側がこのようなことができるのかというと、例えば、NHK受信料の料金の滞納が発生している場合、NHK側は債権者となる為、それを証明することができれば役所はすぐに除票を交付するからです。NHKに限った話ではなく、金融業者なども同様に見ることができるシステムがあるのです。

「もうNHK受信料を払いたくない」と、引っ越しを機に逃げても、契約が解除されていない以上は新しい住所がNHKに分かってしまうということです。引っ越しをする際にテレビを破棄したという証明があれば、すぐにNHK受信料契約を解除できますし、新住所に引っ越した後もテレビがないことが分かれば契約をする必要がありません。引っ越しただけでは受信料の支払いから逃れることはできませんので注意してください。

引っ越した場合にすぐNHK受信料の訪問員が来たときの原因


さて、NHK受信料の訪問員が、こちらが引っ越した場合でも新しい住所がなぜわかるのかという原因をご存知でしょうか。その原因のひとつに、郵便局の転居届けがあります。基本的には、NHK側が郵便の転居届けを閲覧することは難しいと言われています。しかし、中にはNHK側がそれを閲覧できる場合もあると言います。NHKの訪問員は地域によって担当が決められていて、空いているアパートなどを常にチェックしています。

そららは、入居者が来た際にはすぐにNHKの集金人が訪問できるようにしている為です。アパートの場合、郵便受けなどに郵便物が宅配ボックスに入りきらずに飛び出していることがありますが、チラっと見えるその住所に転送前の住所が記載されていることも多く、それを問い合わせることで、前の住所を割り出すことができます。

これによって、転居先に訪問し住所変更をするようにと言われることになります。郵便局側が理由もなく、転居先をNHK側に教えることはありませんし、問い合わせたところで伝えることはありません。しかし、郵便局の転居届けには郵便物のみの様式と、NHK受信料の住所変更を同時に行うことができる様式が用意されています。

一時期話題になっていましたが、後者の様式に記入してしまうと、当たり前ですがNHK側が転居した事実を把握することになるでしょう。基本的にはこのようなミスをする人は少ないので、なぜわかるかと言われれば謎の部分が多いのです。

しかし、郵便局側から引っ越した場合に対してNHK側に何か伝えるようなことはありませんので、他の方法で取得している情報を元に行動していると考えるのが筋が通っています。ですが、転居届けが原因の場合もあることを頭に入れておくことが大切です。引っ越しをする場合には、前もって抜かりが無いかしっかりチェックしておきましょう。

NHK受信料の訪問員に引っ越した場合でも訪問を減らすには郵便局の転居届けを工夫する


NHK受信料の住所変更と郵便物の転居届けを同時に行える様式に記入してしまうと、当たり前ですがそれから住所がNHK側に伝わってしまいます。その為、まずは郵便物のみの転居届けに記入してください。間違ってもそのような様式のものを提出してしまわないようにしっかりチェックしましょう。郵便窓口に行くと、転居届けの用紙が用意されていますが、実はこれにはNHK受信料契約に登録中の住所変更届も兼ねています。

NHK受信料を支払っている人の数多くが、NHK受信料の契約先住所も同時に変更することが多い為、そのような様式になっていますが、必要のない人はそれを剥がすことができます。郵便局の転居届けは2枚の裏表様式になっているのですが、「2枚目のNHK住所変更届にも転記されます」との注意書きもしっかり掲載されているのです。

これを見落としてしまうのは、本人のミスです。少し前に、郵便局で転居届けを出したらカーボンを使用して勝手にNHKに住所変更されたなんて話題になっていましたが、実はこれ郵便局側が勝手にやっていることではなく、しっかり記載されていることなのです。読み落としをしてしまった人の多くが、引っ越して早々にNHKが来たとなってしまっています。

引っ越した場合、NHK受信料の契約も新住所で継続されるのが通常ですので、NHK側に新住所を知られたくないという人はこの転居届けの記入時に、NHKの住所変更部分を切り取り提出する必要があります。これだけで、NHK側は転居届けから辿って新住所を知ることはできません。ただし、これ以外の方法で新住所を調べることはできるようです。

引っ越した場合にNHKの受信料訪問員がすぐに時間帯を問わず24時間いつでも来る理由


新居へ引っ越した場合に、すぐにNHKの訪問員が来たなんて経験がある人も少なくありません。酷い場合は、引っ越し作業をしている段階でNHK受信料の訪問員が来ることもあります。訪問員はNHKから委託されている人が行っているケースが多いのですが、地域の情報に敏感ですぐに行動する傾向があります。

引っ越しをしたばかりの時に来られるのは迷惑だと感じている人も多いようですが、実は24時間いつでも訪問して良いというルールがある為、訪問員の訪問時間を制御することは難しいのです。もちろん、真夜中などの訪問は常識的に考えてNGではありますが、NHK受信料の訪問員の都合が優先される傾向があります。

例えば、今回のように引っ越しを機に住所変更をしていなかった場合、引っ越し作業が落ち着いたら行おうと思っていたという人もいるでしょう。しかし、NHK受信料の訪問員は、そのような猶予を許してくれません。引っ越し作業で忙しくしている最中であっても、その場で住所変更をしてくれと伝えてきます。後日ちゃんと手続きをすると伝えても猶予を与えてくれない為、困ったことがある人も少なくないのではないでしょうか。

それだけNHK受信料の契約がなされていないからとも言えますが、相手の都合はお構いなしな態度には批判も多くあります。NHK受信料の訪問員はこちら側が引っ越した場合でも住所がなぜわかるのかだけではなく、訪問するタイミングも見計らっていたかのようなタイミングで来ることが多いです。

そのため、一部のNHK受信料の訪問員に対して恐怖を感じている人も少なくありません。特に女性の一人暮らしの場合はより困ってしまうでしょう。常識的な範囲でとは言え、個人差があることだけに訪問される側としては少々厄介なルールです。

【気になるNHKタイトル】

FODフジテレビオンデマンド無料キャンペーン実施中

-NHK

Copyright© ライフば〜す , 2019 All Rights Reserved.